« 五輪2016 | トップページ | 師走2016 »

ポイント地獄

ある日気が付いたらいろんなポイントが日常にあふれていた。
普通に携帯を使っていたが、気が付いたらそこにポイントがたまっており、家族で同じところを使っていたので結構いい感じでポイントがたまっていたのだが、ある日突然家族別にポイントがたまるよう整理されて良くわからなくなったりした。
結局同じ会社を今でも使っているのはほうくだけで後は格安スマホに移行した。
 
車用品の売り場に行けばそこでポイントカードが作られ、タイヤを買ってそれなりにポイントが付いたと思っていたら知らないうちに失効していた。
紳士服専門の売り場に行ったときはやはりそこでポイントカードが作られ、それも知らないうちに失効していた。
 
やがてポイントが多すぎて面倒だし、どうにかならないかという動きが出たらしい。
気が付けば今度はいろんなメジャーなポイント同士が一定の比率で交換できるようになったりしている。
 
どうなっているんだ??
 
ということで一度手元のポイント関連を整理することにした。
最初に理解しているのはクレジットカードを使うとたまるポイントだ。
「わくわく」とか「わいわい」とか「ときめき」とかいろんな似たような名前がついているが、基本的にポイントをためるとそのクレジットカード会社が提供しているポイント別の商品と交換できる。
最近はキャッシュバックや、別のポイントに交換できるようにもなってきているらしいが、ほうくはもっぱらキャッシュバックに使っている。
 
ツタヤでCDを借りることもそれなりにあるので当然「Tカード」なるものを作り、「T-ポイント」もたまっている。
しかもツタヤ以外でもいろいろたまることがわかって驚いている。
もはやロッテリアに行って「Tカードはお持ちですか?」と聞かれるのにも慣れてしまった。
そこでちまちまたまるポイントはツタヤのレンタル料に使えたりするのだが、他のお店でも代金の一部として使えるらしい。
しかしツタヤ以外で使うのが何となく気が引けてしまうほうくは
「ポイント使いますか?」
とお兄さんが言ってくれた紳士服専門店のみで使用したくらいである。
 
世の中にはこのポイントをためることに命をかけている人も多いと聞く。
しかしポイントありきで物事を進めると逆に損をすることにもなりかねないそうだ。
ポイントをためるために買い物をするなんていうのは本末転倒である。
 
それにしてもポイント制度は「貯める」ことに生きがいを見出しがちな日本人の特性をうまくついている。
お得感を出しつつ、「早く期限切れになれ!なれ!」と発行サイドは思っているに違いない。
ポイントにつられて買い物をするものの、結局期限切れになる人も結構いるはずだ。
 
しかしポイントなんていつ発行元が「やーめた!」なんて言うか分からない。
途中で制度を変えることだって平気でやりそうだ。
なのでほうくはポイントは貯めずにすぐに使うことにしている。
 
「ポイント全部使ってください。」
 
この潔さ。
男らしさの極致である。
大体、吉野家で牛丼かなんか食べて貯まるTポイントは2点だ。
2円相当なのだ。ポイントに焦点をあてて消費活動をするくらいなら、逆に別の安い牛丼屋に行った方が経済活動として合理的である。
条件が同じならポイントつく方を選ぶのかも知れないが、今度は味の違いという問題も出てくるけどね。
 
まったくポイントのことを考えだしたらきりがない。
かといって勝手に貯まって勝手に消えていくのもしゃくだ。
ということで残高はエクセルで管理することにした。
最近は電子マネーでの支払もあったりするから、例えばローソンでポンタカードを出したうえでEdyで決済すると両方のポイントが貯まったりするのだそうだ。
もうできるだけ現金での支払をするべきではなさそうだ。
 
しかしその消費行動がデータとなっていろんなところに流れていそうでそれも怖い。
しかしほうくが薬局でのど飴を買った、とかそんな情報が有用なのだろうか?
 
良く分からないがくれるポイントはもらう。
しかしそれに振り回されない。
なにせ「ポイント5倍!」なんて言ってなかなかポイントつかないと思ったらポイントがついてから2週間で消滅させるようなことがあるくらいだからね!
もうめんどくさいからほうく専用の「ほうくポイント」を作ってそれに全部貯めて欲しいんだけどな。
発行側に何のメリットもないけどね。

« 五輪2016 | トップページ | 師走2016 »

コメント

もう日本の通貨はTポイントでいいんじゃね?
って思う今日この頃です。
給料も年金も全部Tポイントでもらって、
支払は住民税も駐禁の罰金も全部Tポイント。

やっぱりイヤかも。

私の場合…
貯まったTポイントは定期的にファミマの会計で使いますね。クレジットは航空会社のマイルに一度変換してから年1〜2回「なんとか牛600g」等をゲット。
小出しに変換すると少しずつ期限切れてくので、クレジットの期限間際でまとめて替えるとそこからマイルの期限分だけ延命しますし、航空会社系のほうが商品のクオリティ高い気がする。
あとクレジットはガソリンの支払いカードに登録しとくとそちらもポイント貯まるので100点(=100円)単位でよく使う。会員価格に加え、満タンで更にリッター2〜3円引きの計算になるのでバカに出来ません。

○館長さん
Tポイントを通貨にしてしまうとGポイントの立場が・・・。ってよくわからず書いてますけど。

○最近エレキ太郎さん
さすが使いこなしてますね!ちなみに私は近所にファミマがないのでポンタをローソンで使おうと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/64295342

この記事へのトラックバック一覧です: ポイント地獄:

« 五輪2016 | トップページ | 師走2016 »