« うどん事件 | トップページ | そばのそばや »

(吉原)炎上

ネットってすぐ炎上する。 特に有名人が何かの発言をした場合、ネット上では罵詈雑言である。 先日テレビでダウンタウン松本氏が言っていたが、これだけ悪口を書かれるとかえって感じなくなる、という人もいるようだ。 そもそも人格を無制限に否定し、考えられる限りの悪口を言う、というのはネットの匿名性によるものだと思っていた。

 
つまりまあ、どこの誰かも良く分からない、匿名の後ろに隠れて本当の自分は傷つかないところで悪口の限りを尽くす、というところか。
そんな心理はまあ、分かる気がする。
ただでさえ文字だけの会話では細かいニュアンスが伝わらず、双方が相手の真意とは違うところで怒りに身を震わせる、なんてことは良くあることだ。
それが匿名ならなおさらのことで、なんだかくだらない罵り合いがネット上では日常的に行われているようだからね。
 
それにいちいち反応したり、感情的になったりするのも個人的にはむなしい感じがする。
しかし人に悪口を言われることに我慢がならず、更に過激な言葉で応酬したりすると深みにはまっていく。
 
しかし、最近はどうやら匿名性ばかりではないようだ。
有名人がテレビで発言したことに関してのコメントが、実名登録が前提のFACEBOOKでも見かけるようになった。
これは意外・・・。
自分の名前が表示される中で堂々と悪口三昧なのである。
 
「この人見てると虫唾が走る。」
とか
「バカはどうしようもない。」
とか、実名で言ってんだよね?ってことなのだ。
あなたのことを何にも知らないほうくのような人間に見られるのに。
 
例えばさまざまな意見がある大きなテーマについてテレビで芸能人が何かコメントしたとしよう。
早速、きっとその芸能人とは逆の意見を支持する方なのだろうな、そのシェア記事にコメントするのだ。
「こいつほんとに虫唾が走る。」
と。
 
非常に残念なのだが、こういうただの悪口にはまったく共感しない。
きっとそのシェア記事のコメント欄はその芸能人とは逆の意見を持つ人たちのコメントで埋め尽くされているのだろう。
容易に想像がつくけど、そのコメント、あなたの子供に見せられるの??
そういう人たちは正しいと思って自分たちの意見を世のため人のために世に広めたいはずだ。自説が正しいと思っているならね。
ところがどっちが正しいのかなとまだ決めかねている人がこのコメントを見たら・・・。
 
こんなコメントを吐いている人の意見に共感するかな??
むしろ、こんな奴が言う意見のほうが間違っているんじゃないかと思うのではないのかな。
だとしたら、結果的に自分が正しいと思い世のため人のためだと思っている意見とは逆の意見の支持を広げるような行為をしているわけで・・・。
そしてネットにただ単に下品な悪口を言う人だということを実名で拡散しているだけなのだ・・・。
 
残念です。
 
そういうことは仲間内で言っておけばいいのに。
こんなことなら仲間内感覚で様々な迷惑行為をして後で事の重大さに気が付いて青くなるいわゆる「バカッター」と意識としてはあまり変わらないんじゃないかなと思ってしまう。
 
もしもネット上で広めたい本当に正しいと思っている意見があるとしたら、やり方は別にあるはずだよなぁ。
 
ほうくの場合はネットで広めたい意見はないけどね。

« うどん事件 | トップページ | そばのそばや »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/61580221

この記事へのトラックバック一覧です: (吉原)炎上:

« うどん事件 | トップページ | そばのそばや »