« バンド活動(?) | トップページ | 視界の復活4 »

10年ひと昔

実は・・・、なんとこのブログが10周年を迎えてしまった。
恐ろしいことである。
このブログを始めたころに生まれた子供が10歳になるのだ。
当たり前か。
 
10年よりちょっと前にブログというものが流行り出し、個人が勝手に自分の文章をネット上にさらけ出す仕組みができてそれにちょっと乗る形で始めてから10年なのだ。
 
とは言っても毎日続けたわけではない。
ちょっと中断していた時期もあった。
そんなことで読んでくれる殊勝な人もそれほどいないので1日のアクセス数ゼロ、なんてのもざらだ。
 
社会に役立つような主張を載せているわけでもない。
一般大衆の興味を引くような面白い内容であるかというとそういうわけでもなさそうだ。
 
それでも続けているのは・・・。
 
ほうく自身が一番このブログが好きだからだ。
恥ずかしげもなく言ってしまうと、昔の記事を読みなおすと面白くていくつも読んでしまう。
その面白さが他の読者に伝わっているかどうかは全く不明だが、自分自身の体験や感覚や考えを書き留めているという点ですごく面白い。
 
そう、つまり「スポーツほうく」の一番のファンはほうく自身なのだ。
だったら個人で日記書いてろ、ということだが、そこはネット時代なのだ諸君。
他人の眼にさらしている、と言う点はあるものの、実質的には日記をクラウド化している、と言えるのかも知れない。
 
最近はどちらかというとツイッターやフェイスブックのほうが主流だろう。
ほうくだってフェイスブックをやっている。
やっているのだがフェイスブックで長文を流すと「友達」と言われる人たちにははっきり言って迷惑だろう。
そういう意味ではここに見に来る人たちは自分の意志で来ている、というのが明快である。
 
こんなネット社会の片隅の薄暗い暗がりでやっているようなブログをわざわざ読みに来るのだから。
そうは言ってもネット社会なので「検索にひっかかる」という現象も起こりうる。
このスポーツほうくだってグーグル検索でトップに来ることだってあった。
 
その当時の検索文字は確か「世界卓球20XX」(年は忘れた。)だった。
なぜか突然アクセス数が急上昇したのでおかしいと思ったらそういう検索に引っかかった人たちが大勢見に来たらしい。
二度と来ることはなかったかも知れないが・・・。
 
それでも10年続いた。
ココログというニフティが作ったフィールドも今までサービスを続けていたという事でもある。
乗り換えるチャンスもあったはずだが乗り換え方が分からないので今に至っている。
 
10年続いたことが誇らしいかと言われると・・・。
頑張ってないのでそうでもない、としか言えない。
10年前は10歳若かったのに10歳年を取ってしまったということでもある。
そもそも10年経過しただけであって、記事の数にすると・・・。
 
ま、いいか。
とりあえず節目が来るとそれなりに更新の頻度を上げよう!、なんて考える。
でも更新できない。
そんな時は昔の名作(迷作?)にリンクを張って何となくごまかす手法もあるようだ。
そう言えば名作、「小岩と大石はどっちが大きいか」とかあるな。
 
しまった、リンクを張ってしまったので次回使えない。
そんな10周年。
死なずに続けてこれたことに感謝。
これからも生きている限り死なないようにしよう。

« バンド活動(?) | トップページ | 視界の復活4 »

コメント

10周年おめでとうございます!
私も結構長年のファンの一人と自負してます。これからも更新を楽しみにしてますので、ひとつ、よろしくお願いします。

○peaさん
ありがとうございます。
でも更新についてはできる時とできない時があるんだよなぁ。ま、自分のいいペースでいきますけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/61169306

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ひと昔:

« バンド活動(?) | トップページ | 視界の復活4 »