« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

朝、目が覚めるともう、あなたは去っていた。
鳥のさえずりがいつもより静かな朝を物語っていた・・・。
 
あの夜はあんなに激しかったあなた。
すべてを奪うかのように猛り狂っていたあなた。
 
でももう、あなたは行ってしまった・・・。
 
さよなら。
 
台風8号・・・。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »