« オフ会2014 | トップページ | いつものように »

メダルの色

ソチ五輪が終わった。
いろいろな新しい発見があったりしてそれはそれで面白かったが、残念なのはやっている時間帯がばっちり睡眠時間と重なっている関係でなかなかリアルタイムで見られなかったことだ。
 
冬のオリンピックというのは雪と氷のオリンピックだ。
そういう意味では競技自体の数、可能性というところでかなり制約を受けていると言えるだろう。
 
基本的には速さを競うもの。
夏季五輪で言えば陸上競技にあたるか。
スキーで速かったり、スケートで速かったり、スノボで速かったり。
これは見てて楽しい。
結果には誰もが納得する。
速いほうが勝つ。
これが原則だ。
格好はどうでもいい。
 
ただこれだとできる競技は限られている。
ということでいくつか判定を加えることで競技のバリエーションが増えることになる。
つまり「技の完成度」「美しさ」「表現力」「飛型点」とかだ。
こういうのを入れると競技は増える。
華やかさもまた冬季オリンピックの魅力のひとつであるとも言えるかも知れない。
 
だがこうなると、「誰が見ても完全に一つの結果」は求められない。
当たり前のことだが、審判の判断が入る時点でそこには主観が入るのだ。
 
「おっ、その形、ばっちしだな!俺なら100点!」
 
なんて言ったって当たり前だが違う奴が見れば違う点数になるのだ。
そんなのはオリンピックという大会を実施する上で、すべての前提になることなのだ。
 
このわかりきった前提の上で競技が行われることになる。
ではどうするか。
しごく当たり前のことだが、審判になるのはその競技で国際的に力量のある審判が選ばれ、特定の国や地域に偏らないように複数の審判を選び、出した得点の中で最高と最低を一つずつ排除し・・・。
要するに考えられる仕組みを適用して、そういう方式であることを理解した上で大会を運営、参加するのだ。
つまり出された結論が不合理である可能性も含めての大会なのである。
 
そこが基本的なルールだと思っている。
 
アクシデントだって付き物だ。
誰かの転倒に巻き込まれるかも知れない。
急に体調を崩すことだってある。
風が自分に不利な方向に吹くこともあるだろう。
最初はインスタートのほうが良かった。
自分の順番が開催国の後は不利だ。
 
わかった、わかった。
何度も言うが、そういうのもひっくるめての大会なのだ。
唯一防げるとしたらルール上明らかにされている反則による失格くらいだろう。
 
たぶんそれは参加しているアスリートたちはほとんどが理解している事実だと思う。
彼らはとにかく自分の最高のパフォーマンスを表現しよう、という意識でいるはずなのだ。
 
そして競技の結果、1位から3位までの上位者に金・銀・銅のメダルが授与される。
 
今の時代はメダルの色も金(おかね)に結びつくからさまざまな思惑が絡むのかも知れないが、基本的にこれはご褒美だ。
「いやあ良く頑張ったね。はいこれご褒美。」
そういうことだろ?
 
つまりこの大会方式に納得し、この大会で出された結果に従った順位なのだ。
 
モーグルの上村愛子ちゃんが今回も4位だった。
2大会続けてメダルに届かずだ。
でもこの結果は受け入れるしかない。
自分のパフォーマンスはできた、ということがアスリートとして納得できるかのポイントなんだと思う。
 
誰もが上位に入りたいと思っているのだ。
 
思い通りの結果が出ないことだってあるだろう。
浅田真央ちゃんがSPで失敗したのだって、オリンピックという大きな大会には良くあることなのだ。
でもしっかりとアスリートとして翌日、自分の最高のパフォーマンスを見せることができた。
メダルは取れなかったかも知れないが本人は納得できたと思うし、見ているこちらも泣くくらいの感動をもらうことができた。
 
スポーツとはそういうものなのだ。
 
誰もが予定通りの結果で予定通りの順位に収まるのなら、それはスポーツではない。
大体それならそもそもやる必要がないじゃないか。
 
スポーツは参加する全員が最高のパフォーマンスを目指し、失敗したりうまくいったりということがありながら、やるたびに違う結果になったりするから面白いのだ。
そしてその結果を受け入れて、次をどうするか、その競技を続けるのか、人としてどうするのか、そんなことも含めて成長していくのが楽しいんだと思う。
だから思うようにいかなかった結果に対して誰かを非難したり、攻撃したりすることが起こるのは信じられない。
真の「スポーツマンシップ」というのは人間としても成熟して良い結果も悪い結果も受け止められる者が得られるものなのかも知れない。
 
もしそうじゃないなら・・・。
 
「必ず金メダルを取る。それ以外の結果は絶対に受け入れないし、もしそういう結果なら大会の運営がおかしい。」
 
そういう人にはめんどくさいから、「そういう人用の」金メダルを1個用意しよう。
もちろん表彰式もやるよ。
「はい、良くできました。金メダルですよー。お母さんや国のお友達に見てもらってね。」
 
その後に、オリンピックの表彰式をしようじゃないの。

« オフ会2014 | トップページ | いつものように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/59214606

この記事へのトラックバック一覧です: メダルの色:

« オフ会2014 | トップページ | いつものように »