« インフルの嵐 | トップページ | デジタルな戦い »

カレーなる日々

カレーライスが大体好きだ。
カレーライスが嫌いでしかたがない、という人になかなか出会うこともない。
ただまあ、ほうくの場合、子供の頃に家で食べていたカレーライスが全ての出発点となる。
つまり、子供の頃に食べていたカレーライスと違いが出るたびにいちいち衝撃を受けることになるのだ。
まあ、それでもテレビのコマーシャルとかでカレーと白いご飯が別々に出てくる場合があるということはうっすら知っていた。
これに関しての衝撃はあまりないことになる。
最初に衝撃を受けたのは、カレーライスの中に生たまごが入っているのを普通に友達が食べていた時だ。
これには衝撃を受けた。
まず生卵を食べる習慣があまりほうく家にはなかった。
当然子供の頃にすき焼きを食べた思い出もないし、玉子かけご飯なんて大人になってからの食べ物だ。
唯一、小学生の頃に塾の帰りに駅で食べた立ち食いそばの月見そばだけが生卵の入った食べ物だったのだが、その月見そばのたまごの扱いにも結構困った記憶がある。
なので本当に衝撃を受けた。
いまだに正しい玉子入りのカレーライスの味が分からない・・・。
そしてその次に衝撃を受けたのはカレーライスにソースをかけて食べることだ。
いやまあ、カツがのっているならそれは分かる。
とんかつの味付けとしてね。
しかし、カレーライス全体に対するソースについては、カレーの基本の味を破壊する行為としか思えなかった。
これも未だに正解の味が不明である。
当然、その1回を犠牲にして正解を得る努力もしない。
ましてや醤油をかける人に至っては理解不能である。
ひょっとして間違えているのに無理に食べているのか??
それからもう一つある。
あの、カレーとライスを皿の真ん中あたりできれいに分けて盛ることだ。
あれは一体何だ。
ほうくはそのきれいに分けられたカレーを全て白いご飯にかけてしまってから食べる。
毎回、確実にだ。
最近友達に指摘されたのだが、これには明快な理由がある。
全てのご飯にカレーがいきわたっていることを確実にしてから安心して食べたいのだ。
なんかその、カレーとご飯との境目の波打ち際みたいなところで、微妙にスプーンでカレーに浸しながらご飯を食べるその行為がまったく無理なのだ。意味が分からないと言っていい。
そこでカレーを使いすぎることによりご飯が想定以上に余る、あるいはカレーが余ってしまって最後は大量のカレーを無理やり余った少量のご飯に合わせて食べる、なんて事態を未然に防いで安心して食べたいのである。
大体、その盛り付け方はいつか何かのテレビで観たが、カレーを出していた食堂のおやじ(と言っても多分有名なところの有名な店主だったような)が「おしゃれに見える」という理由で始めたやり方ということなのだ。
つまりそこに味に関してのなんら合理的な理由はないのである。
にも関わらず、大勢の人がそのおやじの目論見に見事に乗っかって、
「なんで?別にこのほうが食べやすいじゃん。」
なんて不合理極まりないコメントを発してほうくの食べ方を笑うのである。
曰く「お子様だな」と。
今あるものが正しいとは限らない。
カレーとご飯との比率がいちいち違うことを楽しむ、という食べ方もあるのだろう。
ちなみにその友達は漬物が一切食べられないので、気の毒に毎回福神漬けを抜いてもらっている。
そんなカレーなる日々。
最近は納豆カレーも楽しんでいるほうくである。

« インフルの嵐 | トップページ | デジタルな戦い »

コメント

カレーに生卵。…それ私のことですかな?
ウチではゆで卵ですが、外で食べるカレーに入れるなら、何となーく生卵なんですよね。あの無色透明な白身が、外食カレー特有の濃いルーをまろやかにしてくれるのがたまらない。。。

渋谷駅南口の今はなき立ち食いカレー屋、懐かしいですね。
調子のいい日はカツカレーに生卵いってたのを、今思いだしましたw

本郷台のアースプラザで食べたカレーに豆腐が入っていたのに衝撃を受け、以来我が家のカレーには冷蔵庫にあるものあれこれ放り込んでます。「今日入ってる具材20品目当てて!」とかクイズもできます。逆に3品目くらいしかなく「ポテトは?」とか聞かれるときもありますが・・・。
私のお気に入りは大根。もはやあの、玉ねぎやリンゴやハチミツとも違う「あの」甘みなしには物足りなくて満足できません。

はじめまして!www

つい先日までインドに行ってカレーを堪能してきました。

インドのカレーには玉子も福神漬けもラッキョウもなかったですけど、とにかく種類が半端なく多くて驚きました。

インド人がカレーを素手で食べるのにも驚きました。


インド式ウォシュレットには更に驚きました。

○アコギ太郎さん
いやあ、覚えてましたね。
あの渋谷のカレー屋さん、懐かしいですね。
今ならまた違う感じで食べられると思うんですけど、なくなったんですね。

○peaさん
なるほど。オリジナル路線を進んでいるわけですね。
うちもよく残り物カレー的なものが出ます。
それはそれでうまいんですけど、ちくわとかいろいろ入っていると「これは一般的なカレーなのか?」とちょっと疑問に思います。

○インド君県民さん
あれちょっと違いましたっけ?
私はちょっと出張で海外に行っていたとき、3か月間夕食が毎日カレーでした。
インド人の作る。

これはうまかったですね。
日本のカレーライスとはまたちょっと違う感じなんですけど。
3か月食べ続けて、「これはカレーという料理を食べているんじゃなくて食事がすなわちカレーなのだ。」という真理にたどり着きました・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/56573598

この記事へのトラックバック一覧です: カレーなる日々:

« インフルの嵐 | トップページ | デジタルな戦い »