« 倫敦五輪 | トップページ | 音楽 »

久々のオフ会とロンドンに行った先生

ブログも久々ならオフ会も久々である。
例によって高校の同窓生たちと集まることとなった。
今回はなんと!高校の先生もいらっしゃる、ということだった。
しかも音楽の先生だ。
何でもカラオケに行くことまでコースに加えられているらしい。

ということでこの日を目標に日々を過ごしたわけだが、何だかカラオケのテストをされるようで微妙に落ち着かない。
何十年も前と言ってもやっぱり先生は先生なのである。
その当時の先生より年上のいいおっさんになってしまっているのに・・・。

ということでいつもの高級中華料理店に集まり、その後紹介制のカラオケスナックに行くという、昭和の時代感いっぱいのコースとなった。

この先生、仮にT先生としよう、実にバイタリティのある先生であった。
高校時代、実は音楽ではなく美術を選択していたため、実はあんまり存じ上げない先生だったのだ。
音楽の先生で、何だか声は通るし、いつも歌っているような感じがして、内心は
(うるさい先生だな。)
くらい思っていたのである。
先生、すみません・・・。

ということでいろいろお話をすると、いろんなことが分かってきた。
高校1年の時、じつはほうくのクラスの副担任だったらしいのだ。
30年くらいたって初めて知る事実・・・。
そしてスポーツの追っかけをやっていて、何のチケットも入手せずにいきなりロンドン五輪に行ったというのだ・・・。
普通に考えれば「無謀」という言葉が浮かぶのだが、結果としてウェンブリーでサッカーを見て、女子のバレーボールを見て、というように毎日存分に楽しんできたということなのだから人間の意志の力は不可能を可能にするようなのである。
話を聞けば聞くほど、偶然によって素晴らしいチケットが手に入ったとか、やはり意志の力が運命を手繰り寄せているとしか言いようがない部分も多い。

何が驚きって、ほとんど英語も話せないのにちゃんと見てきているという事実だ・・・。
先生、すごいっす。

続いて行ったカラオケ店では、金曜日ということもあったのかいつもより異様に騒がしかった。
着いた時にいた団体には若い女性もいて、盛り上がりにもなんとなく(周りの男どもの)嬉しさのようなものが感じられたが、後から隣に来た団体は、迷惑と紙一重の騒ぎだったかも知れない。

いや、盛り上げる感じは悪くない。
悪くないんだが、お店の中で順番に入れていって待っているカラオケでおきて破りの「割り込み」を連発するんだからそりゃもうカラオケ大臣の千葉県民さんもお怒りだ。
そうでもなかったか・・・。

それでも大人なのでお店の盛り上がりを壊さぬよう、先生に不快な気分を味わわせぬよう、気分だけは高校生に戻っておっさん全開の歌を歌ったほうくたちであった・・・。

帰宅3時・・・。
HPが0になった・・・。

« 倫敦五輪 | トップページ | 音楽 »

コメント

T先生、歌上手かったですね~
当たり前か・・・

副担任の件は私も初めて知りました。
それにしても先生のバイタリティは感動モノでしたね。

ところで、“めっちゃホリデー”は、私が怒りの「割り込み返し」で入れたなりよ。
波動砲並みの破壊力があったと思いますが、どうでしたか?


さて、今日もウクレレの練習してから寝るなりよ。

ああいう割り込みを平然とやってのける小役人があの界隈にはわんさといるんですなぁ。。。

波動砲の写真を某SNSにアップしたところ、直接知らない人たちからも「いいね!」連発でしたよ。
…みんな分かってんだろうか。

○怒りのカラオケ大臣さん
どうもお疲れ様でした。
そして新たなるミュージシャンとして頑張ってください。
めっちゃホリデー良かったですが、やはり最終兵器は凄すぎた、ってところですか。

○Tommyさん
根に持っていた思いのたけをぶつけることができたんじゃないですか?
小役人たちも結局蹴散らしましたしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/55627423

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のオフ会とロンドンに行った先生:

« 倫敦五輪 | トップページ | 音楽 »