« 油断 | トップページ | 鉄門の彼方 »

大鷲のケン

最近朝のテレビでまたやっているので毎日見てしまうガッチャマン。
懐かしいというか、でも今やっている内容はあまりにくだらなくて笑ってしまうというか。

子供の頃見ていたガッチャマンでは、コンドルのジョーが好きだった。
なんかちょっとニヒルで、時に熱くなって暴走したり、そんな危なっかしい感じが好きだった。
ケンはあまりにも優等生過ぎたのかもしれない。

もちろんゴレンジャーならアオレンジャーが好きだった。
どうしてもアカレンジャーの上から指示する的な感じがいやだったのかも。


あれからかなりの年月がたった。
大人になったほうくは仕事とかでもいろんな人に出会うことになった。

すると・・・。
いるんだ時々。
君も会うはずだ。

大鷲のケンに・・・。

どう見ても何でもこなす的な雰囲気を明らかに漂わせている。
そう、なにか生まれながらのリーダー的なその立ち振る舞い。
もちろん文武両道、運動でも勉強でも君らとは次元が違ったんだぜ、的な物腰。

こ、こいつ。
大鷲のケンだな・・・。

しかも世の中には結構いるのだ。
大鷲のケンが・・・。

しまった。
ずっとコンドルのジョーを目指していた。
あんな嫌味なリーダーで白鳥(しらとり)のジュンのハートまで鷲づかみにして全てを手にする大鷲のケンが目の前に来るとは・・・。

そう言えば・・・。
なんかコンドルのジョーは確か命を落としたり、なんかサイボーグかなんかにさせられたり、結局捨て駒的な扱いだったような・・・。
結局ジュンだってケンに惹かれていたりだし、リュウはみんなが戦いに行っている時にゴッドフェニックスで留守番だし、ジンペイなんていつまでも子供扱いだし・・・。

大体「ガッチャマン」だって全員の呼び名じゃなくて大鷲のケンの呼び名だったし!

そうなんだ。
結局そういう大鷲のケンが世の中で幅をきかせるのだ。

この、このなにかやるせない気持ちは・・・。

そうか!
それでベルク・カッツェはこう叫ぶのか!

「うーん!ガッチャマンめ!」

« 油断 | トップページ | 鉄門の彼方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/51938505

この記事へのトラックバック一覧です: 大鷲のケン:

« 油断 | トップページ | 鉄門の彼方 »