« 立派な銀 | トップページ | 2010Jリーグの個人的展望 »

タカハシの1

人生にはタカハシとの出会いが山のようにある。
それはもうタナカとかワタナベとかサトウとか、そんな人たちとの出会いも山のようにあるわけだがそんな中でもふと考えたときに自分にとって1番目に出てくる奴は誰かということになる。

ほうくにとってタカハシの1番手に出てくるのは高校の時に一緒だったタカハシである。

彼とは実際友だちかと言われると微妙だ。
どこかに一緒に遊びに行ったこともない。
今でも連絡を取っているわけでもない。

しかし個人的にタカハシと言えば彼なのだ。

最初にタカハシに会ったのは高校時代の校庭である。
当時、学校には「休み時間は教室の外に出る。」という掟があったと思っていたのだがそんなことはなかったと否定する意見もあり正確なところは不明だ。
それはともかく、おかげで休み時間は校庭で大勢が遊んでいたのだ。

野球やったりサッカーやったり。
野球と言ったってもちろん木のバットを振り回すと危ないから、プラスチックバットにビニールテープをぐるぐる巻いて適度な重さにしたやつで軟式テニスのボールを打つという具合だったのだ。

ある日、転校生だったほうくは野球で遊んでいる一つの集団に参加することになった。
集団って言ったってひどい時は2人対2人でやっているくらいで多くても全部で7,8人というグループである。

ここにタカハシはいた。
タカハシは運動神経抜群で野球をやってもいやみなほど華麗な身のこなしだった。
ここでほうくはタカハシと一緒に野球(らしきもの)をすることになる。

人数が少ないので大体が3人対3人の対戦とかになるパターンが多かった。
するととりあえずうまいやつが三遊間あたりを守り、送球を取れるやつがなんとなく一塁に行く。
そしてストライクを投げられるやつがピッチャーになる、なんて感じで大体のポジションが決まっていった。

何となくこの野球集団に参加したほうく。
それにしてもこのタカハシの見事な動き、軽やかな身のこなしに感心したものだった。

もちろん高校生なのでそんなことはおくびにも出さないわけだが。

残念なことに本人しか覚えていないようだが、ここでほうくは徐々に活躍しだす。
コントロールがそれなりにいい、という感じで何となくピッチャーをやり始めたほうく。
この軟式テニスのボールが手によく合っていたようで、いろいろ試しているうちにカーブを投げられるようになった。
残念なことに本人しか覚えていないようだが、ストレートも抜群のコントロールだったのでなんか知らないが抑える感じになってしまったのだ。
残念なことに本人しか覚えていないようだが、絶好調の時は8者連続奪三振なんてこともやってしまった。
残念なことに本人しか覚えていないようだが、しかも見逃しストライクはないのですべて空振りの奪三振なのだ、残念ながら本人しか覚えていないようだが。

すっかり有頂天のほうく。
残念ながら本人しか覚えていないのだが、ひょっとしたら幻想ではないかと時々自分でも疑うくらい、この頃の野球は楽しくてしょうがなかった。

そしてそれとともにタカハシからの信頼を得ていくのをなんとなく感じ始めていたのだった。
しかし残念ながら本人しか覚えていないので、ここから先の話はひょっとしたら幻想かも知れない。

続く、けどいつ続き??
それは残念なことに本人も分からない・・・。

« 立派な銀 | トップページ | 2010Jリーグの個人的展望 »

コメント

若い頃の記憶は美化しておいたほうがいいです。。。

でもそこまで鮮明なら事実でしょう。

話半分でも4者連続三振だ!

ちなみに「ノブナ○」は運動神経バッチリでしたね。
・・って、ほぼフルネームだ。。。。。。。

スイッチヒッターのDADA、ですね?
しかしあんな狭いグラウンド(テニスコート3面?)で大きな事故もなく、よく遊んでたもんですね。

今やってもあの軟庭Mボールでの野球は楽しいかも知れません。
次回オフ会は… 怪我しそうなのでヤメときましょう。

○エセ富豪さん
そうですね・・・。確かにそうかも知れません。
たまに同窓会で一緒に野球やっていたT丸くんに会っても
「一緒に野球やったよね。」
とは言ってくれるんですが、
「すごい活躍したよね。」
とは全く言ってくれなくてひょっとして夢でも見てたのかな、なんて。
かといって
「俺、めちゃくちゃ活躍したよな、8連続奪三振とったよな。」
なんて自分から言って全く覚えてなかったらなんかやっぱり夢みたいですし・・・。
ま、いいや。
でも続きがあります。
いつ書くか未定ですけど。
そもそも何年か前の記事の続きなんですよね、これ。

○Tommyさん
そうそう、ある日軟庭の練習ボールがグラウンドに忘れられていたので3球くらい借りたんですよね、そしたらみんな別々にそれぞれ借りてきたみたいでなんか10球くらいになっちゃって・・・。
返したと思いますよ、きっと!ずいぶんたってから!

そうか・・・
ボールをパクッていたのは、Tommyさんだったのか・・・
マッチョ(軟庭顧問)にチクッてビンタだな・・・

○千葉県民@軟庭さん
それはTommyさんの名誉のために違うと言っておきましょう。
私のコメントの文章の流れでそう思われたかも知れませんが。

パクッてませんよ、借りてたんです・・・。
2年くらい・・・。
でも最後は1個くらいしかなかったからきっと返したんです。誰かが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/47707187

この記事へのトラックバック一覧です: タカハシの1:

« 立派な銀 | トップページ | 2010Jリーグの個人的展望 »