« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

空を見る

先日、電車で帰るときにふと矢追純一の言葉を思い出した。

「ぼくがこういうことを始めたのは、みんなに空を見てもらいたかったから。」
というような内容だったと思う。

「こういうこと」
というのは言うまでもなくUFO関連のことだ。
ほうくも矢追ディレクターの日本テレビ「木曜スペシャル」とかのUFO特集、かなり見ていた。

続きを読む "空を見る" »

たか子

久しぶりに夢の話をしよう。

大学のアーチェリー部の合宿がどこかの島で行われることになった。
そこへOBとして乗り込むほうく。

学生たちが泊まっている宿舎に着くと、宿の娘が松たか子だった。

夜になったが、あまり眠れないほうくはジャージに着替えて夜中の島をランニングしたりする。
しかしそんなことをしていたので朝方眠ってしまい、寝坊してしまった。

続きを読む "たか子" »

賢明な選択

昔の話だが大学のクラブ活動においてよくいろんなミーティングをやった。
特に幹部の3年生になってからは様々な検討事項があって気がつくと結構な時間がたっていて家に終電近くに帰るなんてこともよくあった。

一番苦労したのが次の幹部の役職をどうするかということだ。

ちなみに我々の一つ上の代もこれについては相当議論したそうだ。
誰を主将にするかで意見が割れ、長時間に及ぶ議論の末全員で21人いたのだが最終的に11対10で我々の代の主将が決まったのだそうだ。

危なく1票差でほうくが主将になるところだったそうだ。
危ない、危ない。

続きを読む "賢明な選択" »

フクアリに吹く風

ということで久しぶりにフクダ電子アリーナに行ってきた。
Jリーグ2部のジェフ千葉サガン鳥栖の試合を見るためだ。

調べてみたらなんと2008年7月以来のサッカー観戦である。
2年近くサッカーを生で見ていなかったってことか・・・。

寒いとは言えジェフを応援する以上黄色いものを身につけなければならない。(そんなこともないが。)
ということで普段なら絶対に着ないであろう、ジェフのエンブレムが思いっきり胸の真ん中に輝く黄色いTシャツを一番インナーに着込んで出発した。

続きを読む "フクアリに吹く風" »

想い出カメラマン

これは常々感じていることだが、観光地とかであのセリフを聞くことが多い。
それはもう、恐らく普通の人よりも圧倒的に多い。と思う。

「すいません、写真撮ってもらえますか?」

っていうやつだ。
芸能人とかと違うのは

「すいません、一緒に写真撮ってもらえますか?」

では決してないことだ。
頼んできた人たちのカメラで彼ら、彼女らの写真を撮ってあげる、ということだ。

続きを読む "想い出カメラマン" »

ひゃっきんの誘惑

ひゃっきんにやられている。

最初「ひゃっきん」と聞いた時は
「100禁?」
と思った。
まあやっぱり「18禁」の印象が根強いところでそのネーミングはやはり。
でも100歳未満禁止なんて言ったらほぼ全員じゃないか!なんてことになったりしてね。

次に「ひゃっきん」で連想したのは
「100金?」
である。
なんかそれっぽいじゃないか。
でもなんかこれも「18金」より恐ろしく数値が高くてとんでもない純度の金が使われていて実はふにゃふにゃの万年筆のペン先じゃないの?なんて思ったりして・・・。
そもそも最近は万年筆使わないな・・・。

続きを読む "ひゃっきんの誘惑" »

これくらいの年齢になるとある程度の顔のパターンは経験してきているようだ。
昔、日本人の顔を8種類くらいに分けて解説した本があって結構興味をひかれたものだが、自分の記憶にある程度パターンが入ってしまっているようなのだ。

今の会社の中でも結構知った顔が、「知った顔」というのは要するに自分が知っている人に似ている顔のことで、それを見かける。
社内なので普通にすれ違うことも多いのでそういう人には自分の中で勝手に名前をつけている。

続きを読む "顔" »

タカハシの2

さて、他にこれといったネタもないので続きを書こう。

毎日校庭での野球でピッチャーとして有頂天となっていたほうくの続きである。

雨上がりの時はボールの一部がぬれているとすごく変化するとかなんかベテランピッチャーのような余計な知識も増えてきたほうくだったが、ある日、休日に学校で野球をしようということになった。
軟式のボールでちゃんと木とか金属とかのバット使う野球だ。(当たり前か・・・。)

続きを読む "タカハシの2" »

2010Jリーグの個人的展望

さて、年に一度のこの季節がやってきた。
今年もまたほとんど誰からも気にされない今シーズンの展望を書くとしよう。

昨年の記事でただ一つ当てたところがある。
それは「前田の活躍は疑いないが(?)」というフレーズだ。
(?)ははずしとけば良かったな、しまった。

そして前田はほうくの「日本人得点王出てこいやー!!」という魂の叫びに見事応えてくれた。
素晴らしい後輩だ。
全く面識ないけど。

そういうことで意外と振り返ってみると面白いこの展望、今年はどうか。

続きを読む "2010Jリーグの個人的展望" »

タカハシの1

人生にはタカハシとの出会いが山のようにある。
それはもうタナカとかワタナベとかサトウとか、そんな人たちとの出会いも山のようにあるわけだがそんな中でもふと考えたときに自分にとって1番目に出てくる奴は誰かということになる。

ほうくにとってタカハシの1番手に出てくるのは高校の時に一緒だったタカハシである。

彼とは実際友だちかと言われると微妙だ。
どこかに一緒に遊びに行ったこともない。
今でも連絡を取っているわけでもない。

しかし個人的にタカハシと言えば彼なのだ。

続きを読む "タカハシの1" »

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »