« 年賀状の運命 | トップページ | 初詣 »

小岩と大石はどっちが大きいのか

総武線の沿線に小岩という駅がある。
更には新小岩まであったりする。

かなり以前からこの駅名に興味を持っていた。
この駅名の由来は何なのか?
小岩駅で何気なく広告の看板を見ると
「恋は小岩で始まる」
みたいなのが出ていて涙を誘う。

小岩は要するに小さい岩、ということだ。
ではサイズ的にはどれくらいなのだろう。
大石という名前は結構いると思うが、では小岩と大石はどっちが大きいんだろう。

なんてことを考えたりするのだ。

そういう風に考え出すとどんどん広がっていく。

そう言えば名前に「大」「中」「小」が揃っているパターンはどれくらいあるのだろう。

大沢、中沢、小沢。
完璧だ。
大森、中森、小森。
大林、中林、小林。
中林だけ会ったことがないがいそうだ。

大川、中川、小川。
大池、中池、小池。
中池がマイナーっぽい。

大杉、中杉、小杉。
こうしてみると一般的に「中」がちょっと少数派のようだ。
そして自然に存在して目で確認できるものがこのパターンにはまるようだ。

そう考えるとここで一つ問題が出てきた。
「西」の存在である。
大西、中西、小西。
完璧に揃うんだが、他の方位はこんなにしっくり来ない。
なぜ「西」だけが、しかも目に見えないのにサイズを表す「大中小」が適用されるのか。

大きな西とは何だ。
中くらいの西とは・・・。

そんなことを考え出すと、結構暇つぶしになる。
ほら、今回のネタにもなったしね。

« 年賀状の運命 | トップページ | 初詣 »

コメント

いやあ、、かなり面白かったです。。。
漢字文化の奥の深さって絶対に西洋人には
分からない世界だし、こういう観点を面白がらないと日本人として凄くもったいないと思いました!

参りました!

それに比べて私の「ちくわパン日記」なんて…


もっと頑張ります。

私も昼休みにUFOゲッチューしてる場合じゃなかったッスsweat01

しかし漢字テスト、47連続って…

○エセ富豪さん
ありがとうございます。
暇つぶしの話を書いたつもりで、そんなに深い話じゃなかったんですけど・・・。

でも確かに漢字文化は奥が深いですよね!

○千葉県民さん
いやいや、ちくわパン日記、みなさんの反応も多いじゃないですか。
ニンニン。

○Tommyさん
漢字の連続正解、47の時だけ不思議といけたんですよ。
だからあの記録を抜こうと思っても30くらいでいつも撃沈です・・・。

リンクに導かれてまいりました。
過去記事でもまったく色あせない視点の鋭さがさすがです。
ほうくさんは、「井下」さんにはお会いしたことないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/47275038

この記事へのトラックバック一覧です: 小岩と大石はどっちが大きいのか:

« 年賀状の運命 | トップページ | 初詣 »