« ガラスのかかと | トップページ | 小岩と大石はどっちが大きいのか »

年賀状の運命

毎年毎年、年賀状の量が減っているらしい。
実際に郵便局でバイトしている人の話を、その家族の人から聞いたりしたが、あまりに少なくて結構暇だったそうだ。

確かに電子メール(今やこんな表現も古い?)の発達に伴って、いちいちハガキを買ってデザインを考えたり印刷したりコメントしたりというのは面倒は面倒だ。
それにその作業を元日に届くようにやろうとするとますますプレッシャーがかかったりしてただでさえ忙しい12月をますます混迷させることになったりする。

しかし例えば大勢に一斉送信で出されるような(受け取ったことがないのでやり方は知らんが)メールで新年の挨拶をされてもなんかこう心に来るものがない。

何だろう、その手作り感。
いいんだよ。
別に宛先が印刷でもいい。
もちろん文面が印刷でもいいよ。

でも、そこに手書きのコメントがちょっと一言添えられているだけで、なんかこういいじゃないか。

「お前もぬくもりを覚えているはずだ。」
by ケンシロウ、聖帝サウザーに対し

そういう何となくあったかい気持ちにさせてくれるものが年賀状にはある。と思う。

デジタルな世界は確かに便利だ。
いろんなことがネットで便利になるのはむしろ歓迎だ。
だがネットで予約したって実際に旅行に行くのは自分自身だし、車に乗ったり電車に乗ったりして目的地まで行くのだ。

日頃の連絡やなんかは別にメールでもいいんだが、やっぱり手にとって触れることのできるものに確実さを感じてしまうのだ。
古い奴だとお思いでしょうが。(古っ)

確かに大変な思いもしているし、それに結構な作業時間を取られることも確かだ。
でも、年末くらいその相手一人一人のことを思い浮かべながらちょっとコメントを入れるような時間があってもいいじゃないか。
例え、「今年こそ飲みに行こう!」ってほとんどの年賀状に書いていたとしても・・・。

これから年賀状もどんどん減ってやがては無くなっていく運命にあるのかも知れない。
そもそも郵便自体が危ないのかも知れない。
でも家に帰ってふと何気なく置いてある郵便物があの人からのものだったら・・・。

ちょっとあったかい気持ちになれるよね?

« ガラスのかかと | トップページ | 小岩と大石はどっちが大きいのか »

コメント

一昨年にプリンターが壊れたのに未だに買い替えてません。
そんなわけで、私の年賀状の宛名は去年も今年も手書きなんです。
不思議なもので、宛名を手書きにしたら、表に書き込むコメントの量も増えました。

追伸:ロッテリアのおみくじは、絶妙バーガーセットについてきました。
その後の顛末は私の日記をご参照くださいpaper

○千葉県民さん
素晴らしいです。
コメントが多いばかりか宛名書きも手書きなんて。

私も見習いたいです。ムリっぽいですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/47237674

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の運命:

« ガラスのかかと | トップページ | 小岩と大石はどっちが大きいのか »