« 納豆 | トップページ | 判官びいき »

同い年

先日、またまた同級生がテレビに出ていた。
いつも出ている俳優とは違い、今度は医者だ。
その医者の同級生が先端の技術を使って一人でも多くの患者を救いたいという活動の様子を特集した内容だった。

彼とは同じクラスにいたことがあるので間違いなく同級生ということになるが、そのテレビを見ていて不覚にも
「かっこいい・・・。」
と思ってしまった。

どちらかというと容姿の点だけで言えば、「かっこいい」という表現は恐らく、恐らくだよ、それはこちらの勝手な想像で本当に許して欲しいのだが、そういう表現はあまり使われないと思われるのだが、画面の中の彼は間違いなくかっこ良かった。

なんだろう。
人間というのはやはり生き様なのだろう。
目標に向かって努力し続けている姿というのはやはり人を感動させるのだ。

残念ながら彼に抱かれたいとは思わなかったが、その時には彼に診てもらおう、と思わせるのに十分な感銘を受けた。

自分のことを考えてみると、「それなりに」一生懸命生きているし、「それなりに」頑張っていると思っているのだが、あんな風にかっこいいかということになると甚だ心もとないところだ。
もちろんやっていることが違うから、という言い訳はあるんだがやはりこのくらいの歳になると社会の中心となって活躍する感じなんだろう。

やっぱり学生の頃なんかと違ってこれくらい生きているといろんな経験をして、いろんな大変な思いも味わって、それでも酒飲みながら、歌いながら頑張っている、というところか。

それでも妙に自分と同い年の人が活躍している様子を見ると、全然自分とは関係ないところでその人自身が頑張っているのになんだか不思議とうれしい気分がしたりする。

勇気をもらう、というのともちょっと違っていて、なんか
「俺もしっかりしなきゃな。」
なんて思うのかも知れない。

よし、次のカラオケは前回よりうまく歌おう。

その程度だ。

« 納豆 | トップページ | 判官びいき »

コメント

このまま自分の日記にコピペして使おうかと思ったほど同意です。

いやあ、名文だねえ。マジで。

同級生の活躍って、自分と全然関係なくても
自分のアイデンティティと絡んでくるような
不思議な印象がありますよね

ちなみに僕は見そびれました。

○千葉県民さん
ありがとうございます。
みんなも結構そんな感じで見てたんでしょうかね。
私は何もコメントしてませんが、実は録画して見ました。

もう消したけど・・・。

○エセ富豪さん
そうなんですよ。この気持ち、ちょっと不思議な感じですが。
それから見そびれたなら、ぜひK高くんのファイルを見てみたらいかがでしょう?
私は見方がいまいち分からないですが、K高くんに相談したらきっと見られるはず!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/46788914

この記事へのトラックバック一覧です: 同い年:

« 納豆 | トップページ | 判官びいき »