« 転落 | トップページ | 同い年 »

納豆

関西出身の人にとって納豆を食べることにはかなりの勇気がいる。
ちなみにほうくの両親は関西の人間であるため、ほうく家は関東に住んでいたにも関わらず、食卓に納豆がのることは全くなかった。

ある日、中学生くらいのときに初めて食べてみた寿司の納豆巻き、そのねばっとした食感と臭いに気持ち悪くて吐きそうになった。

それにも関わらず今は納豆好きである。
最初の経験による悪い記憶を克服し、見事に「好き!」というレベルまでもっていってしまった。

大学生時代のきっかけがあったからだ。

ほうくが大学生になると、いろいろとアルバイトを経験することになった。
以前書いたが、神宮球場のコーヒー売りとか深夜の電話受付とか。
それとアルバイトの王道、家庭教師をやったのだ。
中学の同級生の弟の家庭教師だ。

これが結構いいバイトで、時給も良かったし更には夕食までいただいていた。Nattou
そしてここで出てきたのが納豆である。
そんなバイトでお世話になっている上に食事まで出してもらってさすがに嫌いだからと残すことはできない。
ほとんど目をつぶって飲み込む、という感じだったが、以前食べた納豆とは感触が違った。

今から思えば結構な高級納豆を出してもらったのではないか。
そこでなんか急に感覚が変わり、すぐに全部食べてしまった。

「おいしい・・・。」

恐ろしいもので、それ以来納豆については全くなんの抵抗もなく食べられるようになってしまった。
ありがとうございました、バーバラ寺岡似のO君のお母さん。

ちなみにその弟だが、中学1年から教えたのだが最初はクラスでビリから2番目。
ちっとも勉強をしようという意欲がなく、1時間半説教して30分飯食って帰ったりしたこともあったが、ある日ほうくの言葉に発奮して急に勉強を始め、そして成績が上がり、バーバラにめちゃくちゃ感謝されてしまった。

納豆。

それを口にするたびに、あのとてつもなく広い子供部屋、そしてハンティングやクルージングが趣味のお父さん、そしてバーバラ寺岡の記憶が甦るのである。

« 転落 | トップページ | 同い年 »

コメント

O君ってダレだろう。。
気になる。

ちなみに生粋の東京人の私ですが、
納豆は全面的にダメです。。。

写真の撮り方がなかなかオツだと思います。

すごく分かります!
ウチの両親も西の人間なので、ついぞ食卓に納豆が乗ったためしはなかったのですが、学生時代の夏合宿で朝食に出されたのを思いきって食べて以来、大好物に。
でも20歳ぐらいまでじゃないですか、味覚が完成されるのって? この歳で嫌いなもんはたぶんずっと嫌いな気がします。
私の場合、きゅうりです。

ちなみにNYに来たついでにO君に電話してみたんですが、既に使われてませんでした。
相変わらずの風来坊ですな〜。
彼は中3Bでエセ富豪さんの右隣に座ってましたよwink

○エセ富豪さん
O君が誰かという問いにはTommyさんが答えてくれてました。
ほら、彼ですよ。O島くん、ってほとんど書いちゃってる!!

○peaさん
お褒めの言葉をありがとうございます。
まあでも納豆の写真なんですけど・・・。
最近どこにも行かないもんで風景も撮れません・・・。

○Tommyさん
NYから見てるんですか?
Tommyさんも納豆を克服されていたとは知りませんでした。
あの「納豆ダイエット」が流行ったときは非常に迷惑したものです。
それにしても「Oくん」。一体どこにいるのやら。

O君の家は凄かったねえ。
小学校時代にうかがって圧倒された記憶がある。
家の中にマトモな規模のチャペルがあったはず。

当時、F旗君の家とO君の家は、度肝抜かれるパターンだった。。。

○エセ富豪さん
その後更にO君の家はグレードアップしたのです。
家に入るためには2度のカメラによるチェック、そして向こう側で許可しないと押しても反応しないエレベーターの階数ボタンなど、なんか特別な感じになってました。
今はどうなってるんでしょう??


あ〜納豆は、駄目なんです。。。


高級納豆なら克服できるのかな。。


○とっき〜
しかしね、納豆は好きになってしまえば結構やみつきになりますよ!
といっても無理にはすすめませんが・・・。
でもかの長嶋監督も大好きだとインタビューに答えてましたからね。

高級納豆はあのねばねば感を抑え気味にしているためとっつきやすいかも・・・。
そして好きになったらあのねばねばを堪能しましょう!
余計なお世話・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/46728167

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆:

« 転落 | トップページ | 同い年 »