« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

インフルの戦場

3日間くらい体調が悪かった。
発熱し、それもインフルエンザの判定で良く出てくる
「38度以上の熱」
にわずかに届かない37.9度くらいまでの微妙な発熱だ。

あとは頭痛。
なんかずきんずきん、というような久しぶりに血管の脈動を感じさせる王道の頭痛だ。
これが咳とかした拍子に
「ぷち!」(petit!違う・・・。)
とかなった瞬間に俺は落ちていくんだろうか、なんてことを考えたりしていた。

続きを読む "インフルの戦場" »

インフルの侵攻

恐るべきことに気がつけばインフルの脅威に包囲されている。
息子のドリーほうくJR.の小学校はついに学年閉鎖である。
いや、学級閉鎖はちょっと前からあったようだが、直接ドリーほうくJR.に影響が及ぶのは初めてだ。
おかげでお休みになった小学生が家にいて母親たちは頭を抱えているらしい。

弱毒性とか言われていたが気がつけば死者の年齢も幼児までに及び、安全なのか何なのかちっとも判断がつかない。

ということで電車に乗ればマスクした人がとっても多くなってきている。

続きを読む "インフルの侵攻" »

ハッピーですか?

ものすごーく昔。
恐らく小学生時代じゃないかと思うが、テレビで何人もの人がこの言葉を投げかけてくるCMがあった。
新番組だったのか、もしも番組だったとしたら一体どんな内容なのか全く想像もできないが、このCMは頭にこびりついている。

今でもたまに思い出すのは、この問いかけは一体何なのかということが消えないからだろう。

続きを読む "ハッピーですか?" »

アキバの冒険

先日のオフ会は7時開始だった。

しかし金曜日の5時にセミナーが終わって解放されてしまったほうく。
オフ会の時間まで2時間もある。

仕方がないのでちょっと秋葉原をぶらぶらすると、かつて中学生くらいの頃に通った秋葉原は全く別の街に姿を変えていた。

続きを読む "アキバの冒険" »

カラオケダイエット

金曜日の夜っていうのはちょっとうきうき気分になるものだ。
しかし女性が一切来ないと分かっているのに、それでもなんとなく楽しみにしてしまう飲み会って最近多いような気がする。
おっさんはおっさん同士の会合でも楽しみになっていくのだ。

ということで第5回を迎えたオフ会。
参加人数も更に増えて5人になった。
このまま行くと第100回には100人くらいになりそうだ。(すいません・・・。)

例によって中華料理からカラオケスナック追い出されるまで、というフルコースだ。

続きを読む "カラオケダイエット" »

調子こく

大学1年の時、体育の時間が雨で体育館で授業が行われたときがあった。
うちの大学は1年間同じ種目を選択するという方式でほうくはサッカーを選択していたのだが、その日は各選択種目対抗の卓球になった。

ほうくの出番である。

まあ、当然素人相手には連戦連勝だったわけだが、それぞれ一番強そうな奴が先生に指名されてテニス選択のチームの代表とサッカー選択チーム代表のほうくが最後の試合をすることになった。

すると・・・。

続きを読む "調子こく" »

Superflyの衝撃

最近はまっているのがこのSuperfly

最近のミュージシャンというかアーティストというかもう最近の呼び名も分からないが、そういう人たちの番組とか見ると(例えばCDTVとか)、もう曲名なんだかアーティスト名なんだか分からない文字が並んでいたりしてちっとも覚えられないおじさんモード全開なのだがこのSuperflyはいい。

本人も(現在はボーカルの女性のソロユニットだそうだ)60年代から70年代の洋楽、ファッションを愛しているらしく、そしてそれを現代の日本風にアレンジしたりしているようなのだ。

ということで早速ツタヤに繰り出すと最新のアルバムはすべて貸し出し中。
まあ、そりゃそうか。

続きを読む "Superflyの衝撃" »

くそっ!

ある日のこと。
いつものようにトイレの個室の中でくつろいでいたら、なんか荒々しくトイレに入ってくる音がした。

隣の個室のドアを乱暴に閉める音と男の荒々しい息遣いが聞こえる。
なんかものすごく機嫌が悪そうだ。

そして独り言のように怒ってこの一言。

「くそっ!!」

いやいや、そのために入ったんでしょ。

ひとつの終わり

10月6日にパリーグ優勝を日本ハムが決めた。
それはそれでおめでとうと言っておこう。

しかしそんなことなんて全く無関係に、ほうくはこの日テレビの野球中継に見入っていた。
それは千葉ロッテ対東北楽天の今期千葉マリンスタジアムでの最終戦の中継だ。

結構な雨の降りしきる中、予定通り始まった試合は楽天に先手を取られたものの、久しぶりに先発出場のサブローがホームランを放ち、その後も打線が見事な逆転劇を見せて最終回。

2死2塁となったところでピッチャー小宮山が告げられた。
今年引退表明をした小宮山は最後の打者セギノールを1球でライトフライに仕留め、44歳での最年長セーブの記録がついて引退した。

続きを読む "ひとつの終わり" »

ピンク・タイフーン

なんかここ10年で最大の台風だとかコンパクトだけど強力な台風だとか、室戸岬からの中継とか杉並区で土嚢を用意しているとかそんなニュースをずっと見てたらこんな題名を思い出した。

昔のピンクレディーの曲だったと思う。

ピンクレディーのデビューは衝撃的だった。
小学生の頃だったと思うのだが、テレビを見ていたらピンクレディーが出てきてなんかびっくりしてしまったのを覚えている。
なんか見てはいけないエッチなものを見てしまった感覚だ。
子供の頃ってそんな感覚だったのだ。

続きを読む "ピンク・タイフーン" »

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »