« 日食の日 | トップページ | ガンダム大地に立つ »

白熊

船橋市の市民祭りに行ってきた。
毎年この7月の終わりくらいの時期に行われて、駅前の通りが歩行者天国になりそこを神輿が通ったりしてなんかお祭りっぽい感じがほぼ定着している。

それに合わせて船橋駅周辺でいろんなイベントが行われていて、それに子供たちを連れて出かけた。

駅前の通り沿いには露店が立ち並び、子供たちはほぼ興奮状態である。
あれが欲しい、これが食べたい、などの大騒ぎだ。

ちなみに次男のテリーほうくに仮面ライダー(正確な名前は不明)のお面を買ったが、なんと800円(!)した。

こ、こんなぺらぺらのお面が・・・。

恐るべしお祭り価格。

氷に、その辺で安く買えるだろうシロップかけただけのカキ氷が400円くらいするのだが、これが食べたいと子供たちは大騒ぎだった。

しかーし。
子供たちがどんなに騒ごうと、絶対にこの露店のカキ氷は買わなかった。

この日は実は、船橋の百貨店(死語?)で「鹿児島物産展」が開催されており、そこで実は鹿児島名物天文館むじゃきのカキ氷「白熊」を売るという情報をつかんでいたからだ。

何?知らない?

「水曜どうでしょう」を見ている人で知らない人はいないだろう、きっと。
とにかく北海道からの甘いもの対決の旅のゴールに選ばれていたくらいの「白熊」。
期待は膨らむばかりであった。

しかしやっと着いたその喫茶コーナー。
いきなりの長蛇の列である。
やはりその知名度、半端ではない。(?)

並びながら、特設の仕切り越しに中を覗くと、で、でかい!
きっとこれは白熊(大)というやつだ。
それにしてもかなりの年齢のおばはん(恐らく娘と二人)がこれを頼み、悠長に携帯で写真をとったりしている。

(早く食えっ!!)

しかしこのサイズ、よく食べられるな、という感じ。
そんな人ばかりなので列の進みが遅いのなんの。
ラーメンコーナーががらがらだったのでそこは考えて欲しかったな。

ようやくうちの一家の順番になったが、その巨大さにびびっていたのでかわいく「ベビー白熊」を3個注文。
幼稚園児のテリーほうくはママと半分こだ!090726_165001

味はうまかった。
久しぶりに食べるカキ氷ミルク味にフルーツいっぱい。
しかし、「大」を選んでいたら撃沈だった。
そんなに氷を食べられる体ではもうないのだ・・・。

たかがカキ氷を食べることが夏のイベント・・・。
そんな2009年夏である。

« 日食の日 | トップページ | ガンダム大地に立つ »

コメント

出ました、白熊!
本物は私食べたことないですけど、自宅近所のセブンイレブンで普通のアイスと一緒に売ってるヤツは何度もいただいてます。
サイズ的には「ベビー」ですけど。

「どうでしょう」はこの数年は関東でも放送してますね。
「サイコロ3」、名作です。もちろん、「対決列島」も。

○Tommyさん
どうでしょう、いいですよね。

この白熊、ミルク味ですけど大学時代ミルク味が好きでミルク味ばっかり頼んでキーンとなりながら食べてたのを思い出しました。

またひとつ思い出を取り戻した私です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/45766538

この記事へのトラックバック一覧です: 白熊:

« 日食の日 | トップページ | ガンダム大地に立つ »