« 専門家 | トップページ | 言い続けること »

歴史的勝利

先日、長男の小学校の運動会に行ってきた。
とても良く晴れて暑いくらいだった。

運動会と言えば子供の頃は当たり前だが自分たちが参加しているので周りの人たち、特に親たちの動向なんてほとんど気にしないのだが、自分が親の立場になるといろいろとやることがあって大変なのだ。

まず嫁は弁当を作る。
それも早朝起きて前日から仕込んでおいたものなんかで準備しているので、恐らく家族の誰よりも、ことによると息子よりも雨にならないことを祈っている。

ほうくも朝早くは起きるが、早朝ではないのでその分不満を言われる。
こっちだって普段より早起きしているのに、である。

運動会の1時間前くらいから開場なので、ほうくはそれに合わせてえっちらおっちら場所取りのための荷物を持って学校に向かうのだ。
グラウンド側は場所取り禁止なのだが、校舎を挟んだ反対側は場所取りができる。
去年はここにシートを敷いて昼の弁当を食べたのだが、風が吹くと埃っぽいし子供たちがすぐ横をがんがん通るとそれはそれでまたまた埃が立つし、アリとかなんとかいろいろな虫たちが上陸作戦をしかけてくるので今年は組立式のテーブル椅子セットを持って行くことにした。
良くバーベキュー用に売っているあの真ん中にパラソルの差し口がある椅子と一体になったやつだ。

結構重かったがなんとか持って行ってそれなりの場所に置くことができた。
既にシートをひいて寝転んでいる人なんかもいたが、このままここで寝ているのだろうか?

そこでいったん帰宅。
今度は出来上がった弁当類の入った重たいバッグを肩から下げてまた学校に向かったのだった。

最近は運動会を観戦する親のほうのマナーが問題となっている。
「タバコの場所を守らない。」
「禁止なのに飲酒をしている。」
など、本当にいい歳してそんな問題かよということなんだな。

ということで今年はPTAの方たちかなんか分からないが、いろいろと手作りのボードを持っていてそこに
「タバコは喫煙場所で!」
とかそんなことなんかが書いてあったりした。
それを結構大勢の方がそれぞれに持っていたりしてなんかのタイミングで上げているのだ。

なんだろう、野球場でよくある
「サブロー世界一」
とか
「I Love Benny!」
とかそんなノリに見えてしまう。

子供の運動会って言ったって自分の子供の学年以外の競技は別に見なくてもいいのでその時の過ごし方はいろいろのようだ。
さっきのシートの上で熟睡しているお父さんなんかは、自分の子供の競技を観に行くのだろうかとこっちが心配になるくらい熟睡していたりする。

まあ、ほうくはどちらかと言うとそういうところを見てしまった感じだな。

長男の競技なんて恒例の徒競争となんかのダンス、それから棒の奪い合いみたいな競技くらいだったし、結構時間があくのだ。
それにしてもあのぷよぷよの体で意外に走るのが早かったのには驚いた。
しかし最後まで頑張る気がさらさらないので最初は2位だったのにゴール目前で3位になっていた。
それでも本人はかなり嬉しかったようだ。

そしてこの小学校の関係者はみんな知っているが、恐るべきことに平成に入ってから白組が優勝したことが1度もないという歴史を持つ運動会なのだ。
去年なんか校長だか教頭だかPTAの会長だか知らないが、壇上で挨拶に立ったおっさんが
「頑張れ、白組!」
なんて完全に白組を一方的に応援するコメントを発したくらいだ。
それでも去年はずっとリードしていた白組が最後の紅白リレーで逆転されて敗北。
歴史は繰り返していたのである。

長男は今年はその白組。
長男が徒競争で3位になったことがどれだけ貢献したか不明だが、今年は白組が歴史的勝利を圧倒的な差で収めたのだった。

多分紅白リレーの選手で速い奴を白組に集めたに違いない。
思い過ごしならいいのだが・・・。
そんな大人の思惑が入るくらいだったが、この1勝で呪縛が解けるか。
来年はどうだろう、なんて思う前にビデオの編集を毎日のように子供に急き立てられるほうくなのだった。

« 専門家 | トップページ | 言い続けること »

コメント

千葉県民Jr.の小学校の運動会は、赤・白・黄・青の4チームなんだけど、なんかいつも赤が優勝してます。
色が気持ちに及ぼす効果ってホントにあるんだなって思ってしまいます。

そういえば今年初めて父兄参加の競争に駆り出されました。
恥はかかずに済んで良かったけど、Jr.1号は私が出場している事に気付いてなかった…

○千葉県民さん

なるほど。色の及ぼす効果だったんですね。
しかし4色に分かれて運動会だと結構応援する側も面倒な気もしますけどそのあたりの不都合はないのでしょうか?

父兄参加の競技は危険ですよね。
必ずアキレス腱を傷める人とかいて。
まあお子様が気がつかなかったのはしょうがないでしょう。
やっぱり父兄参加の競技に興味はないということで。

歴史的勝利、おめでとうございます。ほうくさんは何か出場して貢献しなかったのですか?
確かに私の経験でも圧倒的に「赤」の勝率が高い気がします。

父兄の参加どころかうちの子の学校は去年生徒13人、大人がその10倍以上参加し、大いに盛り上がりました。大人も生徒と一緒になって行進も「前へならえ」もラジオ体操もし、いちいち「○○年ぶりだー!」と大げさに喜んでました。あんなにおじさんたちが運動会好きとは知りませんでした。

○peaさん
私は特に参加せず、小さな液晶画面をひたすら見ていました。

ああ、それから個人的には運動会、好きです。
特にリレーとか燃えるやつ。
最初から参加するならおじさんたちは多分必要以上に喜ぶでしょうね。
主役はあくまでも子供たちということを忘れなければきっと楽しんでいいんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/45232945

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的勝利:

« 専門家 | トップページ | 言い続けること »