« 坊やだからさ | トップページ | トモダチその2 »

WBC2連覇の偉業

そりゃもう日本中この話題で持ちきりになるだろうなぁやっぱり。
それにしても本当にすごかった、日本の2連覇。
おめでとう!日本チーム!

そして敗れたとはいえ、やはりこの大会を通してもっとも日本チームを苦しめた韓国チームも準優勝に相応しいチームであったと言えると思う。

いやあ、もう本当に申し訳ないがほとんど仕事にならなかったね。
仕事のふりして速報を何度もクリックしてたね。
9回裏2アウトのところで
「これは優勝の瞬間を見届けてやろう。」
と思い立ってトイレに行ってワンセグをつけたら思いっきり同点にされてたし。

そしてイチローの決勝打。
本当にそのすごさを思い知った。
そして10回裏2アウトから突然速報ページが反応しなくなって何度もクリックしてたら目の前のお姉さんから
「日本チーム優勝したかも。」
なんて教えてもらって。
いや、そこはこっそりデスクの上にワンセグ携帯置いてあったことなんか全く全然何にも触れなかったよ、こっちは。
教えてもらえたことに対して感謝したくらい。

岩隈の素晴らしいピッチング。
イチローの不調を吹き飛ばす4安打。
そして好調だった内川、青木といったところだがもちろん日本チーム、全てが完璧にいって優勝したわけじゃない。
4番の城島は全く打てなかった(しかも3番の青木を敬遠されたりしてる!)し、ダルビッシュは9回をほぼ自滅で同点にされたりしたし、そもそも抑え専門じゃないダルビッシュを最後に持ってきたのにも疑問符はつく。
けれども、それでも、ものともせずはね返して優勝してしまったことがただただ、すごい。

そして改めて野球とはチームスポーツなんだということが分かった。

ゲームに出ている選手一人一人が自分の役割を果たす。
これがその瞬間の9人の選手にどれだけできるかということで勝負はかなりの部分で決まるような気がする。

いやあ、それにしても本当にすごい。
短期決戦の国際大会、しかも前回大会から3年経過していて2連覇するということは、本当に強いということを見事に証明してみせたことになるよな、やっぱり。
日本の野球、恐るべし。

それにしてもみんな見事に仕事してる風を装ってるよな。
それについても日本の人たちは恐るべしであると言える。

今日はもう帰るか!

« 坊やだからさ | トップページ | トモダチその2 »

コメント

試合展開には勿論ドキドキしましたが、何だか今回の侍ジャパンには「底力」を感じさせられましたね。
東京ラウンドの頃からピンチに陥っても「容易には崩れない」、チームとしての安定感?が見てる側にヒシヒシと伝わってきてた気がします。

いやぁ、とにかく強かったー。堪能しました。

こんばんは。

本当にすばらしいの一言です。
チームというのはすごいですね。

○Tommyさん
そうですね、今までなら完全に流れが傾くような場面でもしっかりと離さない強さがありましたね。
とにかく興奮の1日でした。

○nakamuraさん
本当にこのチームは素晴らしかったと思います。
そしてその結束が負けない力を生み出したのでしょうね。
これでちょっと日本にも明るさが戻ったかな、という感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/44454135

この記事へのトラックバック一覧です: WBC2連覇の偉業:

« 坊やだからさ | トップページ | トモダチその2 »