« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

優先順位

いやあ。
久しぶりに更新である。
これでも忙しいことだってあるんである。

まあまあ仕事も適当に忙しいし、夜は歯医者だ、ボウリングだ、子供が発熱だ、飲み会だ、ビデオの編集だ、「容疑者Xの献身」の読書だ、録画した「もやもやさまあ~ず2」の鑑賞だ、なんてやることいっぱいあるのである。

ということで人間って生きていく上でどれをどういう順番でやっていくかということを自分で決めなくちゃいけなくて大変なのだ。
なんたってあらゆることなのだから。

続きを読む "優先順位" »

転倒

3連休の週末、土曜・日曜と運動会に費やした。
正確に言うと土曜日の予定が雨で日曜になったので早起きと準備を二日連続でやって、しかも翌日運動会だから土曜日もどこにも行けず温存だったので二日間使った、ということだ。

長男の小学校の運動会は5月に行われ、次男の幼稚園の運動会は10月という、一年に二回、季節を変えて運動会を楽しめる。(?)

実は運動会には苦い思い出がある。

続きを読む "転倒" »

リーマン・ショック

さすがにスポーツほうくも世界的な大事件と無関係ではいられない。
眼をそらそうとしても残念ながら生きている以上世の中のことに無関心ではいられない。

ということでリーマン・ブラザーズ破綻についてであるが、別にどこが破綻しようがどうでもいいといえばどうでもいいのだが、唯一以前気になっていたことがあった。

それは、「サラリーマン」のことを「リーマン」と略す言い方が存在することだ。

以前初めてその言い方を聞いたとき、
(むむっ。普通のサラリーマンとリーマンでは明らかに収入額が違いすぎるぞ!)
と思ったものだ。
そこには決して「ブラザーズ」のような関係は発生しえないくらいの格差があったはずだ。

それが普通に会話として成立していたことに非常に違和感があったわけだ。
しかし今やリーマン・ブラザーズが消滅したことによって、晴れて「リーマン」は「サラリーマン」だけを指す言葉として成立することになった。

そしてこの大事件が起きるちょっと前に会社の食堂のメニューが値上がりした。
これこそ本当の「リーマン・ショック」!
しがないリーマンに明るい未来はあるのか??

怒りの枝豆

怒りの枝豆
ふざけんじゃねえぞ、この野郎!
俺を食おうってのか、テメエ!

いい度胸じゃねえか、この野郎。

しかし枝豆はパクッと食べられましたとさ。

トモダチ

ということで20世紀少年を観てきた。
映画館で映画を観るなんて「ポニョ」以来だが、今回は日頃のストレスが何となく溜まってきていたので平日速攻帰りの一人っきりの映画鑑賞だったのである。
あんまり映画館で見たい映画ってないのだが、ちょっと前から気になっていたので思い切った。
前日に千葉ロッテがCS進出がなくなり終戦となっていたこともあって、野球観戦の予定を映画に切り替えたのだ。(仕事もしてます。)

続きを読む "トモダチ" »

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »