« 鬼のように・・・ | トップページ | ポーニョ、ポニョポニョ »

大の威力

昨日学生時代の仲間と3人で飲んだ。
東京駅のそばのビルの1階の中華料理屋である。
この店をアレンジした奴は相当中華料理が好きだ。
前回も中華料理だったし。

それはそれでなんか楽しい会話がはずみ、辛い辛い料理も進み、ビールもワインも進み、気がつくと楽しさと引換えに福沢諭吉を一人失った。

諭、諭吉ーっっ!!
(マチルダさんがやられるシーンを想像しながら・・。)

ということでこの独身貴族ブラックがアレンジしたため、二次会に行く余力も諭吉も残されていない状態で電車に乗ったのだが、途中で頭の中の血流が不足してきたように感じた。
これがひどくなると視界不良になり、寝転がるしか解決方法がなくなる・・・。
同時に、「大」を我慢していることに気がついた。

今まで秘密にしていたが、実はこの状態からの復活方法がある。
それは思いっきり「大」をすることだ。
何がいいんだろう。
体の全ての筋肉の緊張を解放することだろうか?
しかもこの方法、別にほうくだけに限ったことではないらしいのだ。

ちゃんと他にもこの方法を意識している人が少なくとも一人いる。

ということでフラフラの初期になった状態で途中の馬喰町駅に降りた。
階段を登った途中の階にトイレがあることを期待したが残念。
改札のあるところまで登る必要があるらしい。
幸いエスカレーターに乗れば自動的に連れて行ってくれるのだが、この下腹部の力加減とむかむかする気持ち悪さで果てしなく遠く感じる・・・。

そして永遠とも思える時間を経過して誰も入っていない馬喰町の洋式便器に
「パイルダー・オォンッッ!!」

復活を果たしたほうくは、でも最寄の駅からタクシーで帰りましたとさ。

« 鬼のように・・・ | トップページ | ポーニョ、ポニョポニョ »

コメント

何か結構飲まれたようですが、電柱にぶつかって眼鏡壊さなくて良かったですね
馬喰町は私も苦い思い出があります

数ヵ月前、えらい悪酔いして下車

馬喰町の便器と階段にパイルダーオンして、その後自宅のリビングのごとく寝てしまいました

あれは辛かった〜

飲んだことより食べ過ぎたほうで気持ち悪くなりました。

また次回やりますよ!

しかしブラックの「みはらじゅんこ」と「かがまりこ」には笑ったね。

確かに!
ブラックの幸せを心から祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/42377868

この記事へのトラックバック一覧です: 大の威力:

« 鬼のように・・・ | トップページ | ポーニョ、ポニョポニョ »