« おもちゃ | トップページ | さらば北京、さらばこうじ、さらば銀河鉄道999 »

デジタルな生活その4

我が家にプラズマテレビがやってきてからどれくらいたつだろう。
せっかくのデジタルテレビだというのに1年以上地上波はアナログしか見ていなかった。
それはヤ○ダ電機の配達員が地デジのアンテナ線をつながずに
「一応サーチかけてみましたが、ここではまだ受信できませんね。」
なんて言ったことを信じてしまったからだった。

ある日そこにつなぐ場所があることを発見し、ここにアンテナ線をつないだところ見事に受信できるではないか!!
しかし、何と言うか電波が弱くて6チャンネルと8チャンネルは視聴に耐える映りではなかった。
しばしば画面が固まってしまったから・・・。
そこでアンテナブースターを購入して信号を強くしてみるとこれがうまくいって映るようになった。

しかし内心では気がついていたのだ。
UHFアンテナの方向を変える必要があることを・・・。
千葉県に住んでいるので基本的にはUHFアンテナは千葉テレビ受信用についている。
しかしこれを東京方面に向ければ・・・。

電気屋に行くと不思議と店員はこの辺の言葉を濁していた。
つまり、うまくすれば新たにアンテナが売れるかも知れないということがあったのかも知れない。(知らないが。)
大体「地デジ受信用UHFアンテナ」と普通のUHFアンテナは何が違うんだ!
「向きを変えれば十分映りますよ。」
なんて言う店員はいなかったぞ、少なくとも。

たまたまほうくは一軒家に住んでいるが、結構屋根の角度がきつく、自力で登って向きを変えることに二の足を踏んでいたのだが、ブースターをつけても日によって映らないことが何度もあったし、ブースターの電源を入れ忘れて留守録に失敗したこともあったので、ある日意を決して屋根に登ることにした。

ズボンのポケットにラジオペンチをねじ込んで、右手に錆落としのスプレー缶を握り締めて急角度の屋根にベランダから登ったのである。
屋根瓦が熱く、それもちょっと動いたりするので両手両足を少なくともどれか3本は屋根に触っているようにしてスパイダーマンのように登ったのだった。

そしてアンテナにたどり着き、屋根の尾根を挟むように両足で立ち上がり周囲を見回すと、うーむ。
結構高いかも・・・。
そして背の高いVHFアンテナの下のほうに取り付けられているUHFアンテナを調べた。
2本のネジで真ん中のポールに固定されているのだが・・・。
完全にさび付いている・・・。

近所の家で最近アンテナを自力でベランダに取り付けていた人がいて、それも形状から明らかにUHF用のアンテナだったのを確認していたので、その方向を参考にすることはできるのだが・・・。
赤茶色のさびで覆われたネジ部分にがんがんスプレーをかけて、かけてかけて、ラジオペンチで力づくでひねると、なんと!

動いた。

一度動けばこっちのもので、もう一つのネジもぎりぎり緩め、その近所の家のアンテナの方向を見ながらぐるっと回してみた。
そして取り出した携帯電話。
部屋の中にいる嫁に信号の強さを確認し、従来のほぼ1.4倍くらいになったことを確認した上でもう一度ラジオペンチでネジを締め、アンテナを固定した。

そこからまた屋根伝いにゴキブリのように平べったくなって下に降りたのだった。

もうブースターなんか要らない。
しかも副産物として東京MXテレビも映るようになってしまった。
アナログでは頑張れば埼玉テレビも何とか見られるくらいだ。

ということで更にデジタルな生活を肉体労働によって推進したほうく。
もう地デジは怖くない。
でも誰かブースター買って・・・。

« おもちゃ | トップページ | さらば北京、さらばこうじ、さらば銀河鉄道999 »

コメント

それはほうくさん、ラッキーでしたよ。
私なんて新しいUHFアンテナ奮発して取り付け位置まで移動したのに(業者呼んで)全く映らず。あれこれやってみたんですが、家の壁内部の配線のどこかで電波が滞っているという結論に。
電気屋さんが地デジ関係の相談で言葉を濁すのは、チューナー買って従来のUHFアンテナ繋いで向きを揃えても、私と同じ理由で「映らんじゃないかー!」というクレームがあまりにも多いからだそうです。
日本の住宅事情では時期尚早なんですよね、地デジ完全移行は。
結局、私の場合は室内アンテナを繋いで全局クリアーに見られるようになりました。屋外アンテナ代はタダにさせました。

なるほどそういうことですか・・。
そういえば「やってみないとなんとも言えない。」
と店員の一人も言ってました。

業者呼んでやらせようかとも考えたんですけど、自分でやってみると結構面白いですね。
妙な達成感もあったし。

家はケーブルテレビ経由です

できればアンテナですませたい所ですが、電波めっちゃ弱いみたいで。。

まだ当分無理みたいです

とっきー、そうですか。
何ならアンテナブースターありますけど・・・。

やっぱり地デジは難しいんですかね。
結局電波が弱いと、アナログみたいに画面が汚いくらいならいいですけど、画面が固まったりして最悪なんですよねぇ。

そこんとこどうなの、剛くん!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/42240361

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルな生活その4:

« おもちゃ | トップページ | さらば北京、さらばこうじ、さらば銀河鉄道999 »