« 電車の外 | トップページ | 矢のような飲み会2008 »

威厳

電車の外に取り残されてその後家に帰ると家族の注目を浴びた。
ちょうど家に虫が入り込み、それをまさに嫁が取ろうかどうしようかという瞬間だったのだ。

帰宅早々透明なプリンカップを虫にかぶせ隙間からウチワではさんで虫を確保、外に逃がした。

今までないくらい子供たちに尊敬の眼差しを向けられたほうく。

こんなことで尊敬されるとは。

昔好きだった子に「虫がいるの。」と言われてとってあげた思い出が蘇った瞬間だった。

« 電車の外 | トップページ | 矢のような飲み会2008 »

コメント

さり気なく続きモノだったんですね。さすがはほうくさん、処理の仕方が洗練されきってますな。
私の場合、丸めた新聞紙とかで「ベチャッ」とつぶしてしまうのが常で、周りからは感謝半分、軽蔑半分で複雑です。自分としては必ずしも納得いってないのですが…

そうなんです。
意外と一日の間にいろんなことが起きたりするようで。

最近はできるだけ殺生しない方針で生き物と向かい合っています。
でも蚊にはがんがんベープですけど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/41290041

この記事へのトラックバック一覧です: 威厳:

« 電車の外 | トップページ | 矢のような飲み会2008 »