« SUISUIじゃないじゃないCA! | トップページ | ほうくを眠らせほうくの屋根に雪降り積む »

連名の恐怖

今のようにいろんな人との連絡をメールで取り合ったりするようになって、ふとびっくりすることに遭遇することがある。

その一つは、メールアドレスを夫婦連名にしている場合である!
作った人はどう思っているか知らないが、メールアドレスのヘッダーにまで夫婦の連名が設定されていたりすると、受信ボックスに仲良さそうな連名の名前が燦然と光り輝くことになる。
もちろんアドレス自体もお互いの名前が入っていたりして・・・。

これって非常に対応に困る。
メールアドレスって普通、非常に個人的なものだと思うじゃないか。
例えば嫁さんのほうしか知らない。
旦那さんは全く(もしくはほとんど)面識がないが嫁さんには用事がある。
その場合一体どう発信すればいいんだ???

まずこのアドレスは旦那も見るのか?
その場合文体はどうしたらいいのか?
あまりにも馴れ馴れしいと一体こいつは何者かなんて痛くもない腹を探られたりして。

しかも意外と遭遇するのだ、夫婦連名のアドレス。
いやいや仲がいいのは分かった、分かったからせめてアドレスは使い分けてくれ。

後輩でひどいのになると思いっきり旦那のみのアドレス(ヘッダーも旦那)で送ってくるやつがいたりして、はっきり言って苗字だって旦那のなんだからこっちは一瞬どこの男から怪しいメールが送られてきたんだ?なんてどきどきするんだぞ!!

常識なのか?夫婦連名。
今日も送られてきていないか恐怖に震える毎日だ、こっちは。
(そんなこともないけどね。)

« SUISUIじゃないじゃないCA! | トップページ | ほうくを眠らせほうくの屋根に雪降り積む »

コメント

これはある! 主に困るのはこっちが嫁さんのほうと旧知の仲(大学の同級生とか)ってケース。
別に過去に何があったわけでもないのに送信する側は構えてしまいますよね。ま、過去のある場合は言わずもがなですが…
ダンナが友達の場合も常に誰か(嫁さん)に読まれることを意識して書かなきゃならん。だんだん億劫になって縁遠くなるパターン、少なくないです。
ただ往々にして夫婦で1つのアドレスって、仲がいいからというより、ダンナが過去に「ヘマ」をやらかして罰として金輪際そう「させられている」ことがほとんどみたいですね。
いずれにしても…

私の周りには、まだ一例しか報告されていません。

ところで、仮に私がへまこいて夫婦連名のアドレスにさせられても、フリーメールで勝手にやらしてもらうと思うな。

私はメールをやらないのでわかりません。わかりませんが、連名といえば、夫婦連名の宛名で年賀状が届いたとき、「んっ!これは読んでいいのか?連名だから読んでいいような気もするし、妻の知り合いなだけなんだけどオレに気を使って連名にしてるだけかもしれないし」なんてlong and windingな思考が脳裏を駆け巡ったりしませんか?ってしないよネ!

Tommyさん、千葉県民さん、Andy・さま~ずさん、続けざまのコメントありがとうございます。

いろんな事情があるかも知れませんけど、ほうく自身がメールを連名にすることはないですね。
ちなみに年賀状は宛先が誰で来ても全チェックですね。ほうくも嫁も。
ハガキだから当たり前だと思ってましたけどそうじゃないんでしょうか。

久々にそういうアドレスからメールが来ました~
 
やっぱり、まだいるんですね…
 
間違いなく夫婦円満なんだろうから、人様がとやかく言う事ではないんだけどね。
 
でもなんかイヤ。
 
私に来た2通ともが大学関連っていうのが更にイヤ。
 
 
ほうくさんの昔の日記を覚えてて、そこに書き込んでる自分もちょっとイヤ。

○千葉県民さん

来ましたか・・・。
恐怖の連名メール・・・。

この日記覚えてましたか・・・。

これからもきっと、忘れられないでしょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/17818459

この記事へのトラックバック一覧です: 連名の恐怖:

« SUISUIじゃないじゃないCA! | トップページ | ほうくを眠らせほうくの屋根に雪降り積む »