« さようなら、夏・・・2007 | トップページ | 金魚は意外と死なない »

さよなら台風9号・・・2007

いやあ、激しい台風だったが皆さんはどうだったろうか?
今日なんか千葉県は電車止まりまくりの遅延しまくりで会社に行くのも大変だったわけで。
ほうくは10時に会社に着いたのだが、まだ全然着いていない人もいて、特に多摩川を越えてやってくる人というのはかなり大変な思いをしたのだと思う。

それにしても災害が起きるたびに
「災害に脆い首都圏」
とかなんだとか言われたり、鉄道の改札のところのお兄ちゃんは何だか知らないがおっさんに怒鳴られたりとか、結構いつもの調子だったりする。

でもこんなときに怒鳴るおっさんとか一体何なんだ?と思ってしまうのはほうくだけかな。
しょうがない状況、というものはあると思うのだが誰かのせいにしないと気が済まない人っているんだなぁ、必ず。

ほうくは意外と寛容です。
皆さんもアジアに行ってみよう。
どう考えてもただ単にお前の怠慢だろう、ということが全然日常茶飯事で全く悪びれずにまかり通っているんだから。

電車が時刻表通りに来るってことがいかに奇跡的なことか、皆さんもその辺から考えると日常を見つめなおす機会になるかも。

ということで台風が来ると不思議にわくわくする人がいる。
実際に災害に遭ったら全くそれどころじゃないんだが、その辺が首都圏の場合は
「私の家は完全に大丈夫だが、電車が止まってくれないだろうか。」
とか考える人もいて、それはもうただ単に学校に行きたくない、とか会社に行きたくない、とかその程度の小学生レベルの思考から来るものなのだが、そういう気持ちになる人はいると思う。

正直に手を上げなさい。

でも本当に実際に大変な目に遭わないといかに大変かということも分からないわけで。
だからと言って大変な目に遭う人が全くいないほうがそりゃ全然いいんだが、残念ながら人間のやることはそこまで万全にはいかないわけだ。

それにしても今回の台風、ちょっと強すぎなかったか?
最近いろんなものがパワーアップし過ぎでついていけないんだが。

« さようなら、夏・・・2007 | トップページ | 金魚は意外と死なない »

コメント

真っ先に手を挙げる正直な私です。
台風はともかく、私の通っていた小学校では鉄道のストで休みになるか否かは「NHK朝7時のニュース」が判断基準になっておりました。その時点でストが回避されていない場合は「今日は休み!」になるわけで、子供としちゃ勿論、全面的に「スト、ウェルカム!!」なわけです。
たまに「回避されました」とかだと、「チッ、今年はガッツねぇな」とか悪態の一つもついたりして。子供のくせに。
一度、いつものように休みが決定して昼に近所で呑気にラーメン食べてたら、母親が青い顔して飛んできたことがありました。
「アンタ、今日学校あるんだってよ!!」
なんで間違えたんだろ… あれ、休んじゃってよかったのでは?と、今になって思ったりしますが。
長くなって失礼!

(^O^)/ハーイ!
子どもの頃も学生時代も社会人になった会社でも「台風頑張れ~!」と応援してました。なのにどうもいつも台風は朝方には弱まってしまって、恨めしかったです。今は・・・・・・
今は3人分のお弁当を一応用意しておいてから朝のニュースを待つ、というタイミングなのでせっかく作ったんだから学校あれ~と念じます。

(・_・)/ハイ....
西欧も東欧も南欧もイスラムもロシアも経験あり、アジア某国に住む今、動じなくなってます。ダンボール肉まん?んなの食べればわかるって。やらせ?この国だけじゃないでしょ。。。

Tommyさん、hattrickさん、いつものとおり正直にありがとうございます。
私もストとかは期待してましたねぇ。
昔は休むとかなんだとか全部電話だったんですが、先日の台風のときは小学校は電話連絡網はもちろんあるんですが、「ホームページで告知します。」というのが新たに加わっていてなんか時代の移り変わりを感じました。
便利になるとそれはもう捨てられなくなるんですけど、否応なしに何にもない不便な生活に投げ出されるとそれはそれで人間って慣れてしまうものみたいで、昔々出張で直通電話の通じないアジア某国に行っていたときは時間がゆっくりゆっくりの気がしたものです。
台風から全然関係なくなってますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/16373026

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら台風9号・・・2007:

» マウンテンバイクMTBスポーツ [マウンテンバイクMTBスポーツ]
マウンテンバイクをスポーツとして楽しむ。マウンテンバイク(MTB)は、衝撃に強いだけでなく軽い。そのため、初心者にも扱いやすいため、どこでも乗れるのが魅力です。マウンテンバイク(MTB)は耐衝撃性をはじめとした安全性の基準を定めています。また、基礎代謝量が上がり、脂肪燃焼効果が向上する運動効果もあります...... [続きを読む]

« さようなら、夏・・・2007 | トップページ | 金魚は意外と死なない »