« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

クリスマスの危機完結編

去年の12月からほうく家を騒がせた一件である。
ほうくの長男ドリーほうくJR.がポケモンバトルカードスタジアムDPをクリスマスプレゼントで欲しいと言い出した時からそれは始まった。

どこへ行っても売り切れ、売り切れ。
ネットで探しても軒並み売り切れ。
しかもそれを当て込んで買ったと思われる連中がオークションで高値で売っている始末。

でもそんなことには目もくれないほうくは、ひたすら近所のトイザらスを回り、あとちょっとで入手する可能性もあったのだが結局1月になっても望みはかなわなかった。

しかし。
トイザらスのネット会員となってメールの配信を受けながら待っていた1月のある日、ついにそのネット販売の情報を手に入れたのである!
即刻予約を入れて待つこと2週間。
2月についにそれはやってきた。

しかしそのやってきたものはすぐに返却される運命なのだった。
ポケモンバトルカードスタジアムDPにはコンピュータ対戦モードと2人対戦モードが用意されていて、それはスライドスイッチで切替するようになっているのだが、なんと!
どっちにやっても「コンピュータ対戦モードです!」としかしゃべってくれない。

翌日クレームの電話を入れて返品することとしたが、それにしてもただでは済まないこの「クリスマスの危機」シリーズだなぁと思うのだった。

結局最終的に手に入ったのが2月28日。
「サンタさんに返す。」
とか、
「サンタさんが直したのをまたもらった。」
とか、いい加減説明するのも面倒になるくらいだったが、まずはめでたし、めでたし。

しかし。
出しっぱなしにして放置してんじゃねぇ!
カードばらばらにしてんじゃねぇっ!
人形そこらへんにやったままテレビ見入ってんじゃねぇっ!!

などなどあって、ほんとにオークションで買わなくて良かったと思う今日この頃なのだ。

野球の季節

なんと!
明日からプロ野球パリーグ開幕である。
すっかり油断していたが、そんなことになっている。

準備はできてるかって?
もちろん!

あまりにも早く千葉ロッテマリーンズのファンクラブの更新手続きを終えてしまったので、かえって忘れてしまっている。
ということで会員証を取り出し、千葉ロッテのHPをチェックしたりしてようやくなんだか実感し始めている感じだ。

去年の開幕はアウェーで2連敗。
その後平日の夜でホーム開幕だった。

今年は一昨年と同じホームでの開幕戦。
なんだか縁起も良さそうだが、去年の4位という成績のためにチケットも若干残っているようだ。

さあて、今年はどの試合から見に行こうか。

考えてみたら去年は7試合しか行っていない。
それも神宮の1試合があるから千葉マリンにはたった6回だけだ。
2003年に16試合行ったことを考えると、だんだん減ってきていてちょっと寂しい。

しかし、去年一度も使わずに終わってしまった息子のジュニア会員もあるので、さすがに今年はなんとか家族と一緒に行く機会も持ちたいと思っている。

去年はソフトバンクの王監督の計画通り、WBCは勝ってペナンとレースは調整の狂ったロッテが落ちてしまった。
しかし今年は全員そろって開幕なのでいい感じで行けるかも。
期待しているぞ。
たとえ30年に1度の優勝周期でも毎年期待するぜぇっ!!

さあ、みんなで千葉マリンへ行こう!
野球の季節だからね。

白い虎を見たか

世の中にはまだまだ知らないものがたくさんある。
そりゃもう、40年以上生きてきたって新しい発見はあるのだ。
自分の狭い世界に閉じこもって「世の中全部見てきた」みたいな感覚になっているのは実にちっぽけなことなのである。

なんて大げさな書き出しで一体何の話だ、なんて思われる方もいるだろう。
いや実は、なんてことなくて東武動物公園に行ってきただけなんである。

子供ができると自分の意思とは無関係にいろいろなところへのお出かけが増える。
もともと出不精気味だったほうくなのだが、最近は加速度的にお出かけに繰り出しており、なんなら自分もお出かけ好きな感じになってきているからすごい。

ということで数々の動物園、水族館等に出かけてきたわけだ。

千葉市動物公園
上野動物園
横浜ズーラシア
市川市動植物園。
葛西臨海水族館。
横浜八景島シーパラダイス。

そこで普段から行ってみたいと思っていたのがこの東武動物公園である。

結構こういう場所ってドラマで使われることが多い。
例えば千葉市動物公園。
最近まで草なぎ君の「僕の歩く道」の舞台だった。

そしてこの東武動物公園。
同じく剛君の「僕と彼女と彼女の生きる道」で、剛君が娘を遊園地に連れて行くシーンで使われているのだなぁ。

到着したのは西ゲート。
駅から近い東ゲートは入ると同時に遊園地なのでこのエリアを突破するのが非常に困難なのだ。
しかもお金がかかる!
いや、つまり最初からがんがん遊園地利用ということならフリーパスでも買えばいいのだが、とりあえず動物を見せたい。
なんなら動物のみ見せたい。
遊園地は時間が余ったら程度で基本は動物のにおいにまみれていたい。
そういう趣旨であれば車で西口ゲートから、をお勧めする。

それにしてもこの東武動物公園、意外と侮れない。
動物の種類が揃っているのだ。
例えば上野動物園クラスになればかなりの種類の動物がいるのだが、いかんせん混雑する。
思いっきり都内なので小さいお子様連れに必須の車でのアクセスがよくない。
千葉市動物公園はというと混雑とは無縁だが動物の種類が少ない。

然るに東武動物公園である。
ゾウ、キリン、シマウマ、サルなどは当然押さえている。
ペンギンもいるしオットセイのショーなんてのもあったりして、しかもその上に猛獣がいるのだ。
しかも「白い虎」、ホワイトタイガーもいるのだ!

こんなところでホワイトタイガーを見るとは!
まるで昔の白黒テレビをみているかのようなそのモノクロの体を横たえていたのである。
そして目の前の切り株みたいなやつにでっかい頭をのせてけだるそうに目を閉じて時折動いたりするのだ。
こんなの見るとちょっとわくわくするね。

他にもジャガーとかいて、横のおっさんが
「ほらほら、ジャガー横田だよ。」
なんてパイルドライバーで沈めたろかというような冗談をかましていた。

ほんとに動物の種類が多いので、遊園地より動物園中心での行動を基本としたい。
東武動物公園サイドとしては遊園地で儲けたいのかも知れないが。

そんなわけで夕方までたっぷり楽しんで埼玉県を後にした。
ありがとう東武動物公園!
また来るかは不明だが、また来たいと思わせる場所だったよ。

2007Jリーグの個人的展望

昨年、一昨年と続けて書いていたので今年も書こうかな。
それに意外と応援しているチームが活躍したりしている。

ということでいってみよう!

ジェフ千葉
昨年はなんと2年連続ナビスコカップ王者となった。
毎年主力を引き抜かれるのだが今年はキャプテン阿部(浦和)に坂本(新潟)が移籍。
しかもGK櫛野(名古屋)まで出してしまった。
阿部は仕方がないが、坂本はアマル監督の方針で移籍した感じ。
櫛野は怪我するまで完全に正GKだったのだがこれが個人的には痛い。
新戦力の黒部、新居のFWに期待したいがディフェンス面(特にGK)では不安残る。
それでもどうにかしちゃうのがオシム監督だったのだが、アマルさんはどうなのか??
今年もカップ戦狙いか?
もちろん応援しますよ。

ジュビロ磐田
うーむ。
中山以外いなくなっちゃったね。
全盛期を支えた中盤の主力は全員移籍が完了。
藤田、名波、福西、服部。
奥はずいぶん前だけど、こうなるともう別のチームなんだな。
田中、鈴木はいるけれどかつての華麗なパス回しはもう無理だろうなぁ。
カレンが点取ってる姿、申し訳ないがみたことないんだよね。
前田に期待するしかないけど怪我してるみたいだし。
ゴン中山出たときだけ応援します。

横浜FC
昨年注目すると書いたらなんとJ2で優勝して昇格しちゃった。
補強も魅力的。
奥と久保は今でも代表クラスだし、中盤で山口が支えるのもいい。
カズは精神面で大きいし、見たいチームのひとつ。
三ツ沢のアクセスが比較的いいのでひょっとしたら見に行くかも!

柏レイソル
J2に行っている間に全く知らないチームになってしまった。
ちばぎんカップを見た限りそこそこやりそう。
知らない選手ばかりだが、あの熱狂的応援にチケット売り切れ態勢が続くようだと強いかも。
チケットが余っているとき考えます。

浦和レッズ
阿部が移籍したからなぁ。
阿部の影響を受けて欲しいなぁ。
初戦やAFC見る限り、あまりチームとして出来上がってないみたいだし。
もっと走っていかないとガンバにやられちゃうかも。
でも阿部がいるので阿部を応援しちゃおうかな。

こうしてみると去年の結果により関東近郊のJ1チームが増えた。
見に行ける試合数はかなり増えたが、果たして・・・。
あとは移籍の注目選手を追いかけて見に行くことがあるかも。
J2の東京ヴェルディ、名波に服部、土屋の補強はいいかも。
国立でやるなら行くかも知れない。

そんなことを考えているうちに明日はもう第2節。
テレビ中継もうちょっと考えて欲しいなぁ。
金払わないと見られないようだと、ファン層の底上げは無理だと思うよ。
そういうことやってると五輪代表もお客が入らなくなるんだよね。
頑張れ、日本!

BSの最期

今月またひとつ、歴史を重ねたボウリング場がなくなる。
南船橋、というか船橋競馬場というかその辺りにあったBSスポーツセンターだ。

ほうくはここの会員だった。
何年もここでボウリングをやってきたのだ。
ここ数年はこのボウリング場以外でボウリングをしたことがなかったくらいである。

確かに普段からガラガラではあった。
「大丈夫か?」
という思いがなかったわけではない。
でもそんな状態が何年も続いていたわけだから
「きっと大丈夫なんだろう。」
なんて思っていた。

何年か前に新しいシステムを入れてテレビ画面を更新したこともあったし、去年は駐車場にゲートまでつけた。
それくらいの投資余力はあるのかと思っていたら突然の閉館である。

仲間とこのボウリング場で一緒に楽しんだ日々。
誰も一緒に行ってくれなくて、一人で通った日々。

そんな思い出が走馬灯のようにめぐるわけだが、やはり時代の流れには逆らえない。
先日解約して新しいボウリング場を探すことになった。

ひとつの時代の終わり。
あのドラマ「ゴールデンボウル」から数年。
本当にボウリング場は人気がいまひとつである。
みんなたまにはボウリング場に行こうよ。

空いている分にはいいんだけど。
空いていて快適にボウリングができるんだけど、ボウリング場がつぶれない程度に。
そんな程度でいいのでボウリングに行こう。

それからマイ・ボウラーが大した点数出ない時にチラチラ見るのはやめよう!
結構プレッシャーなんだ!

さらばBS。
さらば、銀河鉄道999。(関係なかったか。)

オフ会でごんす

先週、友人二人と3人で飲みに行った。
このブログでもコメントを頂くお馴染みの人たちだ。
しかし高校時代にこの3人が一緒に行動した、という事実はない。
つまりこのブログがこの世に存在しなければ恐らくこの飲み会は開かれることはなかった、ということである。

このブログが世の中のできごとに影響を与えた、ということになる。
どんな影響?
うーむ。
神楽坂の飲み屋の売上に貢献した。
JR東日本の鉄道料金に寄与した。
タクシー会社の売上に貢献した。

そして何よりも、
「参加した人たちが楽しかった。」
ということである。
いやあ、いいこと書いちゃったな。
ちょっと心があったかくなったかな?
特にそんなことない?
まあ、そりゃそうか。

この世の中には「オフ会」と称する謎の会が存在することを知ったのはずいぶん前だが、つまりこの集まりはネット上で「オン」になっていない状態で行われたわけであるから、「オフ会」と言っていいのだろうと勝手に解釈している。
一度やってみたかったのだ、「オフ会」。

いや、つまりブログを読んでくれている連中と飲み会自体はやったことあるのだが、それはどちらかというと「OB会」と呼ぶにふさわしい感じで、完全に「オフ会」と言い切ってしまっていいのは今回が初めてなんじゃないかと思うのだ。

だからどうなんだ、という指摘はまあ置いといて。

そしてその際話題に出たことにブログについてのものがあった。
「ブログなるものを作ってわざわざ自分の私生活をネット上に公表している人間の気が知れない。」
という意見の人がいた、という話だった。

それについていろいろ考えた。
他の人のブログについてはどうでもいいことだし、目的も何も知ったこっちゃないのでいいとして、自分自身はどうなのだろう?

「スポーツほうく」で記事を書くときに考えているのは、
自分が書きたいネタかどうか。
多分これだけに集約される。

公表するのにも理由がある。
誰かが見ているかも知れないという緊張感だね。
こんなあほな話、一人で誰も見ていないところで書く気がしないってもんだ。
でも誰かが見ていると思ったら、それなりに頑張って書かなきゃってなぜか思ってしまうのだ。
頑張って書いている」内容がこれか?
と言われれば、うーむ。
返す言葉もないが。

そんなこんなで楽しんだオフ会。
カラオケで女性の歌はキー全部下げ、という収穫もあった。
神楽坂で迷う、なんて風流な経験もできたしね。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »