« ほうく歯医者に行く | トップページ | ジェフ千葉、連覇への権利 »

歌え日本人!

鼻歌が出るときって楽しい時がほとんどだ。
悲しいときや怒っている時に鼻歌は出ない。
気分がいいときには何かしながら無意識に鼻歌を口ずさんでいたりする。

歌は楽しいときに歌い、歌えば楽しくなる。
あまり苦しいときや悲しいときに歌を歌わないよな。

昔に比べるとカラオケ人口は格段に減っているそうだ。
日本人はカラオケで歌を歌わなくなっているらしい。
そう言えば昔は一次会居酒屋で二次会はカラオケボックスというのが定番だったと思うが、近年は自分も含めてだが一次会で解放してもらうパターンが多い。
若い頃に比べると歌を歌う機会もだいぶ減ったように感じる。

世の中いやなニュースも多いみたいだし、ここはひとつこうしたらどうだろう?
日常生活を全て歌でやってみようじゃないか。

買い物に行って(もちろん鼻歌まじり。)店の人に歌おう。
「♪こーれ、くださーいー!」
(メロディーはあなたの感性次第だ。)
すると店員が5、6人で踊りながら出てくるのだ。
「♪ありがとうございまーす!」
(だからメロディーはあなたの感性次第だって。)
ここでちょっと店員たちによるタップダンスを披露するか。

タカタッタッタタ!タカタッタッタタ!

「♪せんごひゃくえんでーす!」
(そろそろメロディーがながれてきたかな?)

電車の社内アナウンスだってそりゃ歌おうじゃないか。
「♪つーぎはー、かさいりんかいこうえーーん!」

国会だってみんな歌って踊っていこうじゃないか。
牛歩戦術なんて古い、古い!
これからはダンス戦術だっ!
いつまでもダンスを踊って歌ってなかなか前に進まないってやつだっ!

ニュースだってキャスターは踊りながら歌いながら伝えて欲しい。
悲しいニュースだって、それに対応した曲で乗り切れ!
滝川クリステルだって踊って歌おう!

そんなこんなで外国まで日本のこんな状態がニュースで流れるだろう?
そして知り合いの外国人にあなたはこう聞かれる。
「一体、日本はどんな国なんだ?」
そこですかさず、こう答えようじゃないか。
「It's musical!」

« ほうく歯医者に行く | トップページ | ジェフ千葉、連覇への権利 »

コメント

ほうくさん、ど、どうしました?

かの中田英氏が言った名言。
「人生とは旅であり、旅とは人生である。」
そう、でも私はこれで行きたいのです。
「人生とは妄想であり、妄想とは人生である。」
結構、いい感じだと思いますがやっぱりずれてるのでしょうかね?
でもこれに関してはまた後日。

どうかしたか?
おひさしぶり(ケータイメール除く)ですが。

》かの中田英氏が言った名言。
》「人生とは旅であり、旅とは人生である。」

千春も言ってた。「人生(旅)の空から」1983
たびのおわーりーに~きみにいいい~もいち~どお・・・

唄うか? 飲み倒すか? どうよ、おやじ。 
晩秋の一夜に。

》昔に比べるとカラオケ人口は格段に減っているそうだ。

スキー人口もね。「儚き」は世のうつろい。人の夢。 まさ

まささん、飲み会のアレンジ遅いですよ。
ちなみにこの記事は「歌」シリーズの第1歩であることを宣言しておきましょう。
シリーズが増えるなぁ。
他にシリーズあるのか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/11892626

この記事へのトラックバック一覧です: 歌え日本人!:

« ほうく歯医者に行く | トップページ | ジェフ千葉、連覇への権利 »