« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

暴走ポケモンスタンプラリー

今年も昨年に引き続き、JR東日本の主催するポケモンスタンプラリーに参加した。
これは首都圏のJR東日本の各駅の改札の外にポケモンのスタンプを設置して、これを集めて回るというものだ。

まず最初に駅に置いてあるパンフレットにスタンプを7個集める。
それを持ってゴール駅に行くと、ピカチューのサマーバッグと全駅の載ったスタンプ帳をもらえる。
これを持って全駅を制覇すると認定証とポケモンの時計がもらえるというものだっ!

なんか知らんが電車に乗っていると一駅ごとにえらい勢いで乗り降りしている親子連れを見かけたとしたら、まさにそれだったのだ。
去年は息子のドリーほうくJr.が1日でへたってしまったためたった1回参加しただけで(しかも昼過ぎリタイア)終わってしまったので、今年もそんな感じかなあと思っていた。
ところが、去年ほとんどスタンプを押していないスタンプ帳を見て、全部回った従兄弟に散々自慢されたのが火をつけたらしく、今年はどんなに疲れても最後まで回っていたのだ。
ほうくもこういうことを始めると最後まで行きたい性分なので、必死に回り、ついに全98駅のスタンプを集め、認定証に応募してしまった。

JR東日本の魂胆は分かっている。
もちろんフリー切符を買わせるためだ。
正確にいうと「ホリデーパス」や「都区内フリーきっぷ」などだ。
実際、こんなにJR東日本に金を払っているのは久しぶりと感じるほど5回で親子で結構金を投入してしまった。
しかも端は遠い駅を配置して、根性がないと絶対に制覇できない、しかも2,3日では絶対無理なようにうまく配置している。
熊谷駅まで行ったときはあまりの遠さに気が遠くなったくらいだ。子供が唯一寝た区間が熊谷駅までの高崎線である。Photo_6
まさにJR東日本の思う壺なわけであるのだが、一度始めてしまうと止まらないから大変だ。

電車に乗ると親はスタンプのある駅をマップで確認して、どのルートでどう回るか、降りたら改札出る前に次の電車は何分後に来るのか、スタンプはどっちの改札口にあるのか、など瞬時に確認しなければならないことがたくさんあるのだ。
実は一番真剣なのは親のほうだと思ったりする。

こんなスタンプラリーだが、来年も参加するかどうかは微妙だ。

なぜならその1
子供たちがホームの上や駅の階段を全速力で走っていてかなり危ない。駅にポスターなどで注意を呼びかけているがそんなの子供が守るわけないじゃん。
行列だって無秩序に並ぶから、駅員がちゃんと指導しないと駅を普通に利用する人の邪魔になることこの上ないし。

なぜならその2
一人で2枚も3枚も4枚も5枚もスタンプ帳にスタンプを押している人(大人も子供も)がとても多く、並んでいてもいらいらさせられる。
一人一冊なんて掲示してあるが駅員は絶対に注意しないわけで。

なぜならその3
こっちは子供に、電車に乗るときはきちんと切符を買って利用する、ということを教えたいのでホリデーパスとか買っているのだが、親によっては多分入場券くらいしか買わずに改札から出ないで子供を走らせている人を見かけるし、もっとひどい場合明らかに小学生と思われる子供が切符なしで改札を自由自在に出入りしている。

つまりね、最近の日本を象徴している、
「自分さえ良ければ他人のことは関係ない。」
「うまくやればルールなんて関係ない。」
「自分はぎりぎりセーフ。」
なんてことで行われているこのラリーに親として子供を参加させるべきか考えさせられたからだ。
電車のただ乗りが悪いことだという認識はあるのかな、改札の内側から大きな声で子供に指示をしていたそこのお母さん!
確かにホリデーパスは高いのだが、お金と大切なものを引換えにしてしまっていることが悲しい。

JR東日本の関係者の方、来年は考えたほうがいい。
その前にこっちが参加しない確率のほうが高いけどね。
ということで夏の貴重な日を5日も使ったほうくなのだが、それはそれで良かったような気がする。
本当に楽しげに回っている親子連れもいたし、一人で考えながら回っているらしい小学校高学年の女子なんかも見かけたし。

「どれくらい回りました?」
「熊谷行きました?」
なんて話しかけたい衝動を抑えるの大変だったよ、ほんとに。

千葉ロッテの栄光

現在、千葉ロッテは4連敗中。
3位の北海道日本ハムとのゲーム差なんと7!
という事態となっているが、そんな現実に目を背けながら、先日8月18日(金)に久しぶりに千葉マリンスタジアムに千葉ロッテ対北海道日本ハム戦を見に行った。

ほうくはマリンスタジアムの雰囲気が好きだ。060818
大抵、幕張メッセの駐車場に車をとめて、そこからスタジアムに向かうのだが、歩道橋の上から夜の闇に浮かび上がるマリンの明かりが美しく、それとともに聞こえてくるライトスタンドの熱狂的な応援が気分を高揚させるのだ。

歩道橋からスタジアムに続く道では、なぜかみんなものすごく足早で、その誰にも負けないスピードでほうくはふくらはぎに違和感を覚えながらほとんど競歩で正面まで急ぐのである。

さて、この日も心なしか息遣いも荒くなるほど頑張ってスタジアムに到着したわけであるが、それはなぜかというと事前にネットでチケットを入手することができなかったからだ!
TEAM26分はおろか一般分もすべて「予定枚数終了」という事態。
一体「予定枚数」って何枚なの??
行ったら当日券はあるし、何より席だってそこそこ空いていたぞ!
「予定枚数終了」の文字に、観戦を断念する人だっていると思うのだが・・・。
それでいいのか?千葉ロッテ!!

ということでめでたくチケットをゲットし、5回来場の記念ピンバッジももらって急いで中に入った。
この日はいまひとつ調子の上がらない投手陣の中でも安定した投球を続けている小林宏之の先発。
そしてコバマサこと抑えの切り札、「幕張の防波堤」小林雅英の200セーブ王手試合。
相手は3位の北海道日本ハムとくれば、夏休みということもありひょっとして満員御礼、残念ですが入れません、なんて事態も考えようものだろうっ!!

ということでこの日の試合展開はロッテのHPでチェックしてもらうとして、9回にコバマサが登場。
見事200セーブを達成したわけだ。
その試合を見ていたのでまたしても
「ほうくはコバマサの200セーブ達成試合を見ていた。」
なんて自慢できるネタが増えたわけだ。
そして今シーズンどん底だったほうく観戦勝率がようやく2勝4敗の0.333に上昇。
ここ数年でもっとも勝率悪いのだが・・・。

対日本ハムの初戦に勝って、よっしゃこの勢いで3タテだぜっ!!なんて思ったらそこから4連敗。
プレーオフ進出の背中が遠ざかったいく。

帰りに最近できた千葉ロッテの博物館が目に入る。
よし、今度はここをリポートしよう。
誰が見てるかなんて気にせず勝手にリポートしようじゃないか。
今日、また新たに千葉ロッテに栄光の記録が加わったわけだしね。

ギンギンでっ!

昔の話だが、ある日車でガソリンスタンドに入った。
そこで店員が寄ってきたので、いつもの通り
「レギュラー、満タン。」
と言うと、その店員が元気良く
「ギンギンでっ!?」
と答えたので、あれっ?そんなに走り屋でもないんだけどなんかギンギンにすごいガソリンを入れてくれるのかな?それってハイオクなのかな?
なんて考えて、
「あ、ああ、ギンギンで。」
と答えた。

「現金で?」
と言っていたらしい・・・。
帰り道一人でニヤニヤした不気味なほうくなのだった・・・。

千葉ロッテの憂鬱

昨年はアジア王者、今年のWBCでも西岡や今江、渡辺俊介などが活躍した千葉ロッテマリーンズであるが、現在53勝51敗の貯金2、順位は4位である。
3位の北海道日本ハムとのゲーム差5.5。
厳しい。かなり厳しいところだ。

何が厳しいって貧打に尽きる。
打てる気がしない。
これは厳しい。
去年と何が違うかというと、今年は巨人の不動の4番になった李スンヨプが去年は千葉ロッテで実質的には福浦の控えだったということがすべてを象徴している。
つまり、李を控えに回して時々起用するということでも十分なほど、打線が打ちまくっていたということだ。
しかしここまでのところ、打線に助けられて勝ったという試合がほとんどない。

加えて以前にも書いたが、守備力の低下。
まず二遊間だが、去年は西岡、堀、小坂で交代で守らせていた。
当然この3人、特に小坂が出ているときはかなり守備で助けることがあった。
小坂を巨人に出しちゃったのは痛いね。しかも最近使ってもらえてないし。
外野はサブローを中心にするが、打線重視のときはある程度守備を犠牲にしてレフトフランコ、ライトベニーなんて無茶な布陣にすることもあったが、それは内野の心配がないから可能だったとも言える。
今年はサブローの打撃不振もあってなかなかメンバーを固定できないし、昨日は出場していたがベニーの離脱も痛かった。
福浦はまだ帰ってきていないしね。
それにパスクチに守備をさせちゃだめだよ、ほんと。

そして投手。
一番厳しいのが渡辺俊介が全くだめなこと。
簡単に見極められて去年の勝ち頭が借金生活なのだ。
しかし頑張っている投手もいて、小野なんかは防御率もいいのだがとにかく打線の援護がないので負けてしまう。
今年は投手見殺しパターンが多いね。
でも実はこのパターン、一昨年までの千葉ロッテでは結構あったパターンなのだが。

ということで優勝どころかプレーオフ進出もかなり厳しい状況のロッテ。
しかし唯一の希望は、ロッテは優勝と関係なくなった終盤にめちゃくちゃ強くなることがある、ということ。
これは長年応援している人は結構分かると思うな。
プレーオフの制度がある以上、この「例年の」ロッテダメパターンが生きてくる可能性があるわけだ。
とにかく打ってくれればまだ望みはある。
頑張れ千葉ロッテマリーンズ!
ここにほうくが(最近応援に行ってないけど)ついているぞ!

大涌谷の奇跡

いきなり戻ってなんなのだが、7月29日から31日まで箱根に行っていたのだ。
2日目のユネッサンについては既に報告しているのだが、今回は3日目の模様について特に興味もないだろうが強引に述べるとしよう。

朝、宿から外を眺めると生憎の空模様。
ザーザー雨が降っていた。
計画では、この日ケーブルカーで早雲山まで行き、そこからロープウェーで大涌谷まで行く予定。
しかし1歳児とベビーカーを持っているのに雨ともなれば事態は最悪の方向へ進んでいるかのように感じられたのだった。(ドキュメンタリー風に)

しかし、普段の行いがいいのか、あるいは行いがいいのか、同じことを二回言っているが、ケーブルカーの駅まで行くうちに雨はやんでいた。
ひょっとすると人としての存在が素晴らしいのかも知れない。
しつこかったか。

ケーブルカーで早雲山まで行き、そこから乗り換えてロープウェーで大涌谷に着くと、箱根の名物、温泉卵を売っている玉子茶屋まで登る。
みんなここで真っ黒な卵を買って、
「1個食べると寿命が7年延びるそうよ。」
と言いながら、(別に言わなくてもいいが)横のテーブルでゆで卵を食べるのだ。
みんながみんないくつか設けられたこの木製のテーブルで立って食べるので、卵の殻だらけだ。

ということで寿命も既に14年くらい延びたので、大涌谷の駅まで戻ることにする。
今回は途中の売店でソフトクリームを食べるという目的が嫁にはあった。
子供にも。

ということでロープウェー駅から程近い売店まで戻り、その前に並んでいるベンチのひとつで休んでいた。
すると・・・。
隣のベンチに座っているおかあさんに何か見覚えがある気がした。
ん??
こっ、この人はっっ!!

なんと隣のベンチに大学のクラブで一緒だった同期の女性が座っているではないかっ!!
この女性、通称ユキちゃんとしておこう。
このユキちゃんと何と、かなり久しぶりに再会したわけである。(正確に思い出せない。)
しかもなんと10年くらい前に会ったときも、試合終了直後のマリンスタジアムの外で、かなりの人ごみの中(しかも夜)でわずか1メートルくらいの距離で歩いていたという、これまた奇跡の再会をしていたのであるっ!!
何か運命的なものを感じずにはいられないが、かといって恋愛感情は感じず。
きっと前世は隣の住人だったに違いない。

これが後に言う、「大涌谷の奇跡」である。
テストに出るよ。

ほうく美容室に行く

髪の毛を切るとき、ほうくは美容院に行く。
もう何年も前からなのだが、ある時から美容院に行くようになった。
一体いつからだろう?
普通の理髪店に行った記憶がないくらい前から美容院だ。
きっと10年以上、ひょっとすると20年くらい前かも知れない。

美容院と理髪店の違いは何か?
髪の毛を洗うとき、美容院は仰向けに天井を向いて洗うが、理髪店は前のシャンプー台に前かがみになって下向きに頭をのっけて洗う。

他の違いは??
理髪店はおっさんがやるが、美容院はおねえさんだ。(これはそうとは限らないか。)
あと、理髪店はヒゲを剃ってくれるのだが、美容院はそれはない。

小学生の頃は床屋さんに通っていた。
決まったお店はなくて、近所の床屋に友達と一緒に行ったりとか、買い物ついでに父親と二人で船橋シャポーの床屋に行ったりとか。(もうないけど。)
いつしか近所の床屋に行くようになったが、ここが週末だと結構混んでいていやだった。
最初は30代くらいの夫婦(オヤジはパンチパーマ)とそれより若いちょっとヤンキー系のお兄さんの3人でやっていたようだが、途中でお兄さんはいなくなってしまった。
なぜか、(きっと喧嘩別れしたに違いない。)
などと勝手に想像していたけどね。

それから肌があまり強くなくて髭剃りすると肌がひりひりするのでそれを母親に言ったら知り合いの美容院を薦められたので行くようになったわけだ。
さっき美容院はおねえさんがやってくれると書いたが、この美容院では担当が男の人でずっとこの人に切ってもらっていた。
何年も切ってもらっていたのですっかり慣れていたある日、突然、このロンドンブーツの亮にちょっと似た男性はいなくなってしまった。
他の店員にきいてもなんか要領を得ないし、何かと思っていたらなんと、このロンブー亮は同じ店の若い従業員に手を出してしまい、(もちろん妻子ある身だった)それを問い詰められると、店のエースだったこともあり逆ギレして店を出て行ってしまったらしいとのことだった。
いやあ、ただ髪の毛切りに行っているだけなのに、いろんなドラマが展開されているなあ。

エースに出て行かれたお店は、残りのメンバーでやりくりせざるを得ず、そこでエース格になったのは主婦の人で子供も小学生くらいなのだろうか、その人の都合により日曜日定休になってしまった。
いやいやいやいや、これは困った。
土曜日限定で予約しないと髪の毛を切れない。
何度かいっぱいだったりしているうちに、他の美容院を開拓しようという気になってきた。

そして今、別の美容院にほうくは行っている。
まだ2回だけどね。
しかもほうくが髪の毛を切るのは3ヶ月に1回なので、はっきり言って常連とかにはなりにくいんだよな。

美容院でちょっと困っていることがひとつ。
「これでよろしいですか?」
って後ろの具合を鏡で見せられたりするとき、
(もうちょっと切ってもらいたいな。)
と思っても、
「はい、これでいいです。」
とつい言ってしまうんだよなあ。
なんか申し訳ない気がするんだもの。
こっちが客なのにね。

湯煙の先に楽園はあったか

さて、先週の終わりから夏休みを取っていた。
そして嫁の一族総勢8人での箱根旅行を敢行していたのだ!

いろいろ回ったのはまた(っていつだよ)報告するとして、29日の土曜日にかの有名な温浴施設、ユネッサンに行ってしまった。
小学1年生が2人、1歳10ヶ月が1人という子供連れだったので、残りの大人たちは基本的に子供たちの保護担当である。

この計画を立てたのはほうくだが、実際に行ってみるとなんというかお風呂のワンダーランドだった。
これってすごい・・・。
中に入ってすぐ、なんかでっかいプールみたいのがあるのだが、ここが完全に芋洗い状態。
それでも盛り上がりは異常だった。
子供たちは大喜びではしゃいでいるのでこれはこれでなかなかいいか。

ということでなんだか少しはぐれてしまったので、一人で期間限定横浜カレーミュージアムプロデュースのカレー風呂へ。
カレー色のお湯にカレーの匂い。さすがにカレーライス並みのとろみはなかったが、なんだか鍋の中のジャガイモやニンジンになった気分。
これって体にいいのか???
すごく不思議だが、話のネタにはなるか。
実際ここでネタにしているし。

他にも緑茶風呂、酒風呂、炭風呂、コーヒー風呂、ワイン風呂などなどがあり、これはこれでなかなか飽きない設備になっている。
どこも人だらけだったけどね。

それにしても子供たちは昼飯食べたら疲れたのか、続けて入ろうとせず休憩していた。
その分親たちのほうが温泉、というか温水風呂を楽しんだと言えるかな。
決して水着の若いおねえさんたちに目を奪われて喜んでいたわけではないよ。
決して。
いや、ほんとだってば。
うーむ、実を言うと・・・。
いやいやそうじゃなくて、それなら自分で行ってみてって。

俺たちのドラえもん

最近ドラえもんを見ている。
といってもテレビ放送をリアルタイムに見られるわけではないので当然子供が録画したものを見ているわけだが。
ちょっと前にドラえもんの声優たちが一斉に交代してそれを機にドラえもんはリニューアルされた。

何が変わったか?
ずばり原作に近くなったと言える。
原作というのはもちろん漫画の原作に近くなったわけで。
匂いがそうなったと感じ取れる。

大山のぶよ版は最近特にそうだった気がするが、キャラクターがどんどん優しくなってきていた。
特に映画になるとそれはもうジャイアンもスネオもみんないい奴になってしまっていた。
それとともにレギュラーのテレビ版もキャラクターの個性が弱まっていた気がしていた。

しかし、今回のリニューアルでジャイアンはより凶暴で理不尽になり、スネオは本当にいやな奴になり、ドラえもんも一方的にのび太の肩を持つのではなく、時に意地悪になり、失敗をし、のび太と同レベルで喧嘩もする。
この描き方がリニューアルを機に多分変わったところだと思う。
そして絵の色合いだが、非常にいい。
むやみなほのぼの感ではなく、不安な時は暗く、そしてちょっと全体的に薄い感じの色合いがすごく昭和30年代でストップしている時代背景にマッチしている。

ということで最近ドラえもんが面白い。
しかし悲しいことに目線がのび太ではなくなっている。
既に小学生のときの楽しみや悲しみや毎日の日常感覚を感じ取れない年齢になっているからなのかも知れないが、気がつくとのび太のお父さん目線なんだな、これが。
でも、40歳になったほうくは引き続きドラえもんを応援したい。
今度のドラえもんは、俺たちのドラえもんに戻ってきている気がするから。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »