« レイソル暗闇の中へ | トップページ | 気になるあいつ »

現代に十六文キック

ジャイアント馬場が好きだった。
よく、ものまねもしたものだった。
高校時代、電車の中で友達と一緒に馬場のまねをしていたら、そばに座っていたおばさんに学校名を聞かれてしまった。
そんな恥ずかしい思いもしている。

馬場、鶴田組対ブッチャー、キラー・トーア・カマタ組の試合とか良く見ていた。
学校で突然「地獄突きーっ!!」とか言ってのどを突いてくる奴とかいた。
プロレス、特に全日は結構楽しい平和な世界だったのかも知れない。
学校で、「馬場がハンセンとやったら絶対殺されてしまう。」なんて冗談で言っていたら本当にハンセンが全日にやってきて、あの馬場といい試合していたのだから。

最近は毎年、年末にテレビで格闘技のイベントが放映されて、視聴率もかなり稼いでいるらしい。
昔のプロレスと違って全試合ガチンコで興奮のボルテージも上がろうものだ。
(昔のプロレスがガチンコじゃなかったと言いたいわけではない。念のため。)

でも、あのジャイアント馬場の様式美はそれはそれで美しいものだった。
だってドロップキックしただけで、「出たぁ!32文ロケット砲だぁっ!!」って。
かわずがけで勝っちゃったりするのって、いったい・・・。
たまに強敵とやるときは必殺のランニング・ネック・ブリーカー・ドロップなんて技であの馬場もロープ使って俊敏に動くのだが、あの寸止めに見えるチョップが本当に痛いのか、ちょっと笑いながら見ていたものだ。

そう、生きる伝説だったのである。
動くだけで涙出る世界だったのだ。
今の格闘技は早すぎるよ。
やっぱり技の名前も粋じゃないの、「脳天唐竹割り」とか。
今はそれぞれの世界の垣根がどんどんなくなって、柔道も空手もボクシングも相撲も同じリングで戦ったりするわけだが、個人的には馬場の様式美、好きだったな。

でも年末見るよ。
柔道対決見る。
小川はプロレスとして出るとか言っているが、相手との息もあるからね、プロレスって。

もしも馬場の時代にプライドとかあったら、馬場は出ただろうか?
きっと出ないんだろうな。それより葉巻くゆらしてテレビで見てるんだろう、きっと。

« レイソル暗闇の中へ | トップページ | 気になるあいつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/7618613

この記事へのトラックバック一覧です: 現代に十六文キック:

« レイソル暗闇の中へ | トップページ | 気になるあいつ »