« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

矢のような飲み会

久しぶりに大学時代の連中と酒を飲んだ。
随分と気がつくと時間がたっているようで、たまに会うと歳月を感じることもある。

後輩がブルース・ウィリスになっていたりするともはや一体誰が一番年上なのか不明の団体だ。
それでも楽しく酒が飲めるのは、やはり同じ時間を共有したことがあるという点なのかも知れない。
何だろう、顔を見ると妙に安心するというか、ほっとするというか。

今月は飲み会がやけに多くてさすがに力入れるところと抜くところが出てくるのは仕方ないのだが、この飲み会は結構楽しみにしていた。
アーチェリーなんてマイナーなスポーツをやっていた連中がみんな東京のサラリーマンでそれなりに社会に貢献しているということがすごいことである。
ちなみにほうくは勤務先が東京でないため、ちょっと羨ましくもある。

それにしても基本的には変わっていないのだが、きっと社会に出てからキャラクターを身に着けてきたに違いない。
歩く銀行員となった後輩は、基本は変わっていない。変わっていないんだけどねぇ、なんだか銀行員になってるんだよなぁ。

またやるか飲み会。
でもみんな忙しいみたいだ。
社会の中心にいる人たちはブログなんかしないみたいだ。
いつまでたっても端っこだが、それがなにか?

アジアの王者

日曜日は夜の決勝戦を楽しみにして、昼間は近くのホームセンターで買い物をした。
そろそろ寒くなってきて暖房器具を使用するのだが、その際1歳になる下の子の安全を確保する必要がある。
ほうく家は、冬場は基本的にガスファンヒーターなのだが、ここに近づく子供をブロックするためにガードを購入したわけだ。
なにしろこんなものでもなければ、至るところのスイッチを押してしまいたい子供は、ファンヒーターを破壊する可能性を十分に持っている。
その被害や子供の危険を防ぐためにも、ガードは必須であったのだ。

・・・・・・・・

千葉ロッテは強かった。
サラリーマンの分際で木曜、金曜の2試合を東京ドームで観戦してしまったのだが、結構快適だったのだ、東京ドーム。
木曜の開幕戦は相手が韓国の強豪サムスンだったこともあってかかなりの数のお客さんが入っていた。外野席はレフトからライトまで白一色である。
ほうくは内野席と自由席の間にあるバルコニー席というところで観戦。
聞き慣れたロッテサポーターの応援の声がドーム内に反響してわんわん聞こえる感じだった。
いいね、東京ドーム一杯に響き渡る千葉ロッテの応援。
今年最後のこの興奮をありがとう。
金曜日の第2戦なんて突然試合が終わるからびっくりしちゃったじゃないか。
前にいたお姉ちゃんも席はずしている隙に試合終了になったから怒っていたぞ。
まあ勝ったのだからいいか。

今週末はいよいよ優勝パレード。
ほとんどの千葉ロッテのファンが初めての経験だ。
もちろんパレードする側もほとんど初めてだろうし。
子供連れて行けるのか???
答えはまもなく明らかになる。

収穫の秋

今年は千葉が大当たりの年で、野球では千葉ロッテが日本一、そして今回のサッカーナビスコカップは見事ジェフ千葉がガンバ大阪を下して優勝した。
PK戦ではあったが。
しかし試合自体はそこそこ見応えのある好ゲームだったのでは。
点が入れば一番良かったが。
この試合、もっとも良かったのは個人的にはストヤノフ
良かったと思うけどなぁ。

ということでこの秋スポーツ界では驚くべきことに千葉が快進撃を続けている。
ジェフ千葉に至っては、まだリーグ戦の優勝の可能性も残している。
もちろん天皇杯も水曜日の試合に勝てばチャンスは残すことになる。
一体この快進撃はどこまで続くのか。

一方、ちょっと取り残された感じの柏レイソルだが。
本当にこう言っては申し訳ないのだが、たまにテレビで見る試合、勝てそうな気がしない。
なんだろう、中盤が弱いのか。すぐ最終ラインのDFの個人的肉体勝負に持っていかれてしまう。
玉田のスピードは球出してくれる人がいてのものとも思うが、ちょっと苦しいか。
とにかく、2部に落ちないよう頑張って欲しい。去年も入替戦応援していたし。
あと2試合あるホームの試合、どっちか行けるように最大限努力しますっ。

ということで、もうひとつ千葉に可能性のあるタイトル、アジアチャンピオンを決める大会を結局見に行くことにした。
コナミカップ、野球のアジアシリーズだ。
東京ドームに行く機会なんてなかなかないし、今年の千葉ロッテを観戦できる最後のチャンスなので。
行くぜ、東京ドーム!千葉からはちょっと遠征だぜぇっ!!
そして千葉ロッテの今年最後のタイトル、アジアチャンピオンをこの手にっ!!
つっても最後の決勝戦は行かないが・・・。

アジアシリーズは盛り上がっているか?

日本シリーズ終了から1週間が経過した。
シリーズは予想外の千葉ロッテ4連勝という劇的な結果に終わり、なんだかあっという間に今シーズンも終わってしまった。
しかし、なんだか知らないが今年からアジアシリーズというものが始まるそうで、これに今回の日本シリーズチャンピオンである我が千葉ロッテマリーンズが出場するらしいっ!!

しかし・・・。

正直モチベーションが上がらない。
ほうくは選手でも何でもないので良いのだが、正直パリーグ優勝だけである程度の達成感があり、日本シリーズでボーナスまでもらってしまった気分なので、このアジアチャンピオンを決めるらしい大会にはあまり気分が入らない。

日本でやることや今までの歴史を考えても、これは日本のチームが優勝して当たり前。他のチームは日本に勝てたら大盛り上がりという大会である。
なんとか大会を盛り上げたいマスコミの記事もあるのだが、バレンタイン監督の契約問題や、福浦のヘルニア手術による不出場、堀、小阪の故障、セラフィニも帰国と、すでにシーズン終了体制に完全に移行しているのできつい。

ちなみにチケットの売れ行きをネットで調べてみたが・・・。
やはり十分今からでも観戦可能だ。

でもなあ。
千葉ロッテは強いチームに立ち向かうのが良かったので、受けて立つことにファンとして慣れていない。
しかしプレーオフも日本シリーズも観戦できなかったほうくとしてはこの大会が今年の千葉ロッテを観戦する最後のチャンスでもある。
果たして盛り上がるのか??
場所も東京ドームでいまいちホーム感がないし。

大いに迷うほうくなのであった。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »