« 風の子 | トップページ | 田舎暮らしのひとから »

田舎暮らしのひとへ

3月3日はひな祭りである。女の子のお祭ということになるわけだが、今日は「ひな祭り」ということを教えると、息子が「ひな祭りに行きたい。」と言った。どうやら出店が出て綿菓子を食べたり金魚すくいができるお祭と思っているらしい。さすがは子供。

去年から宮城県のとある村に住みだした女性からメールが来た。負け犬ではない自称「野良犬」ということだが、この女性とは会社で同期でかつ一緒に仕事をした、まあ言ってみれば戦友とでもいうべき存在なのだ。元気に毎日奮闘している様子が文章からうかがうことができて、元気にやっているなあとちょっとこちらまで元気を少しもらった気がした。

「男はつらいよ」シリーズを個人的にとても好きなのだが、このシリーズに一貫して底流にあるのは「幸せとは何か?」というテーマだそうだ。描かれる風景は日常のたわいもないどたばたの中に人と人とのつながりや思いやりなどの感情など、本当に人間の機微を感じさせるシリーズなのでテレビ東京で一年以上にわたり放送したときはほとんど欠かさず録画をしたくらいだ。
この「幸せとは何か?」というテーマは、ほうくの人生のテーマにも通じる。

幸せとは何か?

今年はこのテーマに従い、一日一日を大事に生きていくことを目標としている。何かがしたいと思ったら先延ばしにせず、できるだけ今日やってしまおう。
そんな小学生の宿題のような目標を持ちながらここのところ生きているわけである。
つまり、サッカーが観たいと思ったら早速チケットの手配をしてしまえということだ。そんなことを2年くらい前から心得て、結果として自分の好きなスポーツ観戦の機会が飛躍的に伸びることとなった。
このブログを始めたきっかけもつまりはそういう理由によるところが大きい。

彼女は自分の生きたい形を実現しつつある。(田舎暮らしの彼女の話に戻るのだが。)
自分はどうなのか?常に自問自答しつつも毎日の子供たちへの対応や仕事、嫁とのやりとりなどで流されつつある。
それでも今この瞬間に風呂に入って大きな息を吐くということをその場で実感することが大事なのだと思いたい。まあ今この瞬間はパソコンの前なのだが。

間もなくJリーグも始まる。今年中心として見たいチームも大体固まった。カレンダーはサッカーと千葉ロッテの予定で埋め尽くされていて嫁にちょっと呆れられた。
全部は無理だ。しかし可能性だけは持っておきたい。その試合、その場所で体感できるスポーツの瞬間は二度と再現できないものだから。

今回はそんな感じ。
メールをくれたSちゃん。ありがとう。

« 風の子 | トップページ | 田舎暮らしのひとから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85451/3156914

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎暮らしのひとへ:

« 風の子 | トップページ | 田舎暮らしのひとから »