トップページ | 2005年3月 »

ミスター・ボーゲン

まささん、コメントありがとう。
しかし「まささん」とは、まるでベテラン刑事の風格だな。
では、今回は敬意を表してスキーでいくか。

「ドラえもん」で、雪が降ったある日、のび太やしずかちゃんたちは家からスキーの板を持ち出して外でスキーをやっていた。
一体のび太たちの住んでいるのはどこの町なのだ?どう考えても都内とは考えられない。しかも小学生でスキーを持っているのが普通にあるって・・・。

そんな疑問を持ちながら、スキーは遠い世界のブルジョワ階級のスポーツだと思っていた。大体上から滑って下に下りるだけって、何が面白いんだ??
面白いんだ、これが。
初めて行ったスキー場は上越国際だった。大学生になるまでスキーに全く無縁だったのでスキーを履いた瞬間に転んだ。こ、これは・・・。スキーの威力、恐るべし。歩きにくいことこの上なし。死して屍、拾う者なし。
まあそれはともかく。

やさしくて可愛い女の先輩に教えてもらい、数知れず転倒により死神とすれ違いながら、気がつくとボーゲンで一直線に滑っている自分がいた。一緒に行った先輩や友達などは誰一人いない。熱中しているものだから何度も何度も自分のレベルにちょうど良い初心者コースで、休憩もしないでひたすら滑っていた。
スキー制覇。
そんな囁きが聞こえた気がした。

しかしそれはほんの最初の一歩だったのだ。その後空白の期間を経て、再びゲレンデに立ったとき、相手は斜面ではなかった。
恐怖との戦いが大々的に、壮大なスケールで繰り広げられたのだ!

なんだか良く分からなくなってきたが、スキー場でちょっと余裕が出てきた頃、小さな子供が一心不乱にボーゲンで一直線に滑っている姿をリフトの上から眺めたりすると、なんだかとても懐かしく、微笑ましく感じたものだ。

しかし今はまた暗黒の空白の時代に突入している。スノボもやったことはないし、大体ザウスがなくなってしまった現在、身近にスキーに行く機会もなくなってしまった。自分は湾岸スキーヤーだったのか。少年隊の歌が懐かしい。

私のスキーは「つづく」で中断している。行く機会があれば、もっとうまくなりたい。
ちょっと前にミスター・ボーゲンは卒業した。しかしこのミスター・ボーゲンはちょっと間をあけるとすぐに向こうからやってくるのだ。うーむ、油断のならない奴だ。

今度スキー場に行くときはきっと子供とそりをやるのだと思う。そのとき、あの幻のミスター・ボーゲンの姿をあなたはゲレンデで見ることになるかも知れないのだ!

ピンポン・ダッシュ

卓球の愛ちゃんは随分と成長したものだ。
その昔、愛ちゃんが本当に天才卓球少女だった頃、「これくらいならまだ勝てるな。」などとテレビを見ながら勝手に思っていたが、オリンピックの試合を見たところでは1ポイントも厳しいかも。サーブミスしてくれるなら、くらいまで上手になっていたので感動した。
卓球の思い出と言えば・・・。

中学受験でやっと入った中学をたった1学期だけ在学してアフリカ某国に移ったのは1979年の夏のことだった。
日本人学校なのでそこに通う生徒たちはほとんどの場合途中の学年で転校してくるわけだが、転校してきた初日から必ず卓球の洗礼を受けることになる。いわゆる先進国の大都市ではないので生徒数も限られており、学校自体もこじんまりしたもので、小学1年生から中学3年生までが一緒に遊ぶということになる。休み時間は軟式テニスのボールを使って手で打つ野球をやったりしていたが、スクールバスが出発するまでの放課後や、雨の日などはほとんど全員が卓球台の周りに集合して卓球をやったものだ。
私も中学1年で転入したわけだが、小学2年生からスマッシュを雨あられと浴びせられ、情けない気持ちでボールを拾いに走ったものである。とにかく最初は小学校低学年にも勝てない。ほとんど泣きそうである。当然小学校高学年や、中学生などを相手には勝ち目はなかった。勝ち残り戦のため、回ってくる順番であっという間に負け、負けるとまた最後尾に回るのだ。勝てば勝つほど卓球で遊べ、負ければまた順番待ち。これこそ年齢に関係ない弱肉強食、成果主義の世界だったのだ。
連戦連敗で屈辱にまみれた毎日を送るうちに考えることといえば、そう、自分自身のラケットを手に入れることである。なんとしてもこの屈辱的な生活からの脱出を図らなければ毎日がつまらないものになってしまう。そんなわけでペンホールダーにも関わらずヨーロッパで主流のシェークハンド用のラケットを親に買ってもらい、石造りの廊下の真ん中にティッシュの箱を置いて、当時中学3年の姉と二人で来る日も来る日も卓球の練習をしたのだった。廊下にべったり座ってラケットの使い方を習得していったがために、後に「フットワークのない卓球」と評される自己流卓球のスタイルが築かれたのである。

練習の成果が発揮されるのにそれほど時間はかからなかった。継続は力なりとは良く言ったものだ。今まで高いバウンドでしか返せなかったものが低く鋭い弾道になり、当初は弱々しかったものの、スマッシュらしき攻撃も始めたりして周囲の見る目もみるみる変わっていくのが快感だったものだ。その当時卓球で一番強かったのが、スポーツ系ではなかなかの運動神経を発揮していた小学5年生のちょっと生意気な子だったが、彼との対決にもぽつぽつ勝ったりしてくると、つまらなかった日々は一転し華々しいヒーローの世界に入っていったのだった。
いつしか日本人学校最強の地位を手に入れるに至っては、もはや天狗と化した井の中のかわず状態に到達していた。先生方も時折混じることもあったが、最強キノコをゲットしたスーパーマリオ状態の私に勝てる者はほとんどいなくなったのだ。最初は小学校低学年に敗れ去る日々が続き、最後は日本人学校最強の地位である。まさにアメリカンドリームだ。(使う場所ではないか。)

自分自身の成長を自覚するとスポーツに対する意欲はどんどん大きくなってくる。早く卓球がしたい。授業が終わってスクールバスが出発するまでの間にできるだけたくさん試合がしたい。早く、早く終わりのチャイムが鳴らないだろうか。待ってられない。まだ鳴らないのか。鳴った!!!
これこそ真のピンポン・ダッシュだ。(落ちはそれかよ。)

初めての経験

トラックバックというものがここにも起きた。始めてたった5日目になるわけだが、どう対処して良いか分からない。もう40を目の前にしてちょっと軽いパニックである。
そもそも読む人がいるということは公開している以上予測されるべきであるが、基本的に個人的な文章を載せているだけの認識だったので初めての感動である。
大体、文体としても敬語を使ったほうがいいのか、今のままでいいのかさえ悩むところだ。他の人の人気のブログをのぞいてみると、敬語がほとんどのようだし。
いつも思うことだが、みんな普通に流れに乗っているのだが、最初のほうから流れに乗れたのだろうか?

でも見てくれる人にはこの感動と感謝の気持ちを是非述べたい。

こんなわけの分からんブログに時間を使って頂いて本当にありがとうございます。
もしもまたお時間がありましたらごくたまに、一番最後で良いので暇つぶしにご覧下さい。

この「相互につながる」とかそういう説明は実感として良く分からないわけだが、(すみません、元に戻りました。)最近としては久々の一撃をくらったようで軽い脳震盪である。
友達にこのページの存在を連絡したのだが、同世代の友達であるため、「これってなにか書き込んでもいいの?」とか見る側までも恐る恐るの状態である。

トルシエではないが、私はちょっとした冒険に出たわけだ。
プロフィールの写真もなんだか怪しい。いまどきこんな写真載せる奴はどんな奴だ?そもそも本人の写真か?この写真の謎についてはおいおい述べるとして、こんなトーンの低い文章だが、結構じわじわと初めての経験、そしてこれから経験するだろう様々なことに対して微妙な期待と不安を胸にしている。

初めてスキーを履いたとき、こんな感じだっただろうか。
強引にスポーツにもっていったが、今日はここまで。

いつからサッカーが好きなのか

いつからこんなにサッカーを好きになったのだろう?
考えてみればいつからなのか良く分からない。
39年も生きてきてどこからサッカーに魅せられたのか考え出すと遠い記憶を遡ることになる。

親父がサッカーをやっていたという事実を知ったのはいつだったろう?
Jリーグ開幕時名古屋グランパスの監督をやっていた平木さんが先輩だと言っていた。高校でサッカーをやっていたらしい。

そういえば昔東京12チャンネルの三菱ダイヤモンドサッカーを毎週のように見ていた記憶がある。その頃解説は岡野俊一郎氏で、実況は金子アナウンサーだった。この番組は45分番組で1試合見ようと思ったら2週にわたって見なければならないという画期的な番組だった覚えがある。サッカー人気は当時はあまりなく、この番組も最後のほうは30分番組になって、なんと試合自体もダイジェストされるようになっていた。
当時の中継は「世界最高峰のブンデスリーガ」だった。良く歴史は分からないのだがドイツのリーグが中継されていた。覚えている選手はブライトナー、カール・ハインツ・ルムメニゲ、そして日本人初のプレーヤー奥寺である。リトバルスキー、ブッフバルトも当然知っていた。
あの番組は親父が見ていたのを一緒に見ていたのだ。きっと。
だからといってサッカーをやっていたわけでもない。小学校3年生のときに視力が落ちてメガネ生活に入ると、なんだか自然にスポーツだめお君的な扱いになり、小児喘息を患っていた関係もあって結局クラブ活動だってブラスバンドとかだった。
小学生の時に体育の授業で初めてやった「ラインサッカー」は覚えている。実は生涯最初のゴールを決めている。そんな記憶はずっと持っているのだから小学校の体育の授業は侮れん。侮れないのだ、教師諸君。

木村和司の伝説のフリーキック。リアルタイムで見てました。それでも負けたのだが。
オリンピック出場がかかった中国戦、見てました。水沼選手出てました。でもだめだった。

母校が全国高校サッカーに何度か出場したことがある。サッカー観戦はこのときが初めてだった。うちの高校は東京のぼっちゃん学校とか言われるところで応援団というものが存在しなかったのだが、このとき初めてクラスでも元気の良い奴が応援団長として気合を入れて応援したことが思い出される。母校はサッカーが校技だったので、サッカーは盛んだった。体育の授業でサッカーなんてことになると、それこそ全国レベルのサッカー部の連中が各チームに分散してキャプテンになるので授業でのサッカーのレベルも高かった。

いつからサッカーが好きなのかに絞ろう。人生はサッカーとともに歩んでいるのだから歴史を並べだすときりがないことが確認された。
つまり「サッカーは気がついたら生活の一部だった。」ということだ。結局。最終的に。そういうことにしたい。
サッカーのネタは尽きないのだ。今日もそして明日もサッカーは続く。サッカー好きの歴史は長くても短くても、サッカーが好きだという気持ちは大事にしていこう。
傍らにサッカーのある人生。いいんじゃないの?

雨の船橋でA3を見る

今朝新車を受け取りにディーラーへ行き、我が家まで新車の匂いの中運転した。助手席には5歳になる息子。
せっかくの納車だというのに天気はあいにくの雨だ。子供も腹を壊しているので夕方のお出かけはキャンセル。南船橋のVivit Squareに行く予定がなくなった。
新車は車庫で雨に打たれ、ちょっと寂しげに休んでいた。

というわけで去年に引き続きA3カップ、横浜Fマリノス対韓国の水原サムスンの試合を見てしまった。DVDレコーダーが修理中の今、わざわざビデオテープで録画する気にもならなかったのだが、リアルタイムで見られるなら話は別である。

去年も結局優勝できず、2位に終わったこの大会、岡田監督もやる気があっただろうが、これだけ怪我人続出ではどうにもならない。それにしてもこういう国際大会ででもなければこんなに注目して横浜FMの試合を見ることもないのだが、やっぱりサッカーだし、日本のチームだしそこは見てしまうでしょう。
試合はご存知のように、というかみんなが見ているわけでもないとも思うが1対3で負けて優勝は水原だった。水原って毎回「みずはら」と読んでしまって正確な読み方が分からんのだがやっぱり名が通っているだけあって結局勝つね。韓国のチームなのだが、FWのブラジル人が良かった。
横浜FMのほうは、いったんは1対1の同点に追いついたのだが、やっぱりほとんど2軍に近いメンバーだったせいもあってかミスから2点目を失点。点を取りに行って3点目を取られて万事休すというところか。勝たなければ優勝はないので点を取りに行ったのはしょうがなかったね。中西頑張っていた。個人的に応援しているよ。

韓国のチームと2回やって1分1敗。メンバーが去年の1stステージとはまるで違うのだから仕方がないか。中国のチームとはやはりまだ差があって多少メンバー落ちしても勝つけれど相手が韓国のチームだとさすがにメンバー落としではきつい。それでも点を取った場面は良かったけれど。

雨降って家でテレビを見るしかないときにサッカーやってくれると嬉しい。
明日は子供の腹クラッシュにより断念せざるを得なかったちばぎんカップ千葉対柏をちばテレビで見ることにしよう。(千葉という言い方はまだ違和感があるが。それにスポーツニュースの見出しで「横浜」なんちゃらかんちゃらって書いてあるとついサッカーだと思ってしまうがベイスターズのことだったりして。)

もうすぐJリーグのシーズンが始まる。サッカーっていいんだよな。やっぱりスタジアムで見るといいね。競技場とかサッカー場とか。(名称は重要である。日立柏サッカー場はやっぱり「サッカー場」であって「スタジアム」と感じなかったりするし、しかもそれがそれほど悪いイメージではないところが良い。市原臨海競技場だって個人的にはのどかで好きだし。ただ雨降るとつらいんだよなサッカー場とか競技場は。)

A3は東アジアのチャンピオンを決める大会だそうである。しかし来年からはどうするか話し合うそうだ。ってことはそんなに意味のある大会なのか?プレシーズンマッチとほとんど同じ扱いじゃないか。それにスポンサーで日本企業が目立っているが他の国の企業は力入ってないのか?
さまざまな疑問が渦巻く中、興味は次の大会に移ってしまう。

関東地方は雨だった。明日は車で出かけよう。でも(今大会のスポンサーの)日産の新車じゃないし、目的地は市原臨海競技場でもない。
サッカーは生活の一部だが、すべてには残念ながらならない。しかし日常にサッカーがあるって結構幸せ感じるぞ。テレビでやってくれてるんだし。

スポーツ?ボウリング

「何かスポーツはやられてますか?」
「ボウリングを少々。」
「・・・。」

普通の会話では、ゴルフやテニス、あるいは武道などを期待されているのだろうか、この反応の悪さ。そもそもスポーツとしての認識すらままならないボウリングであるが、趣味にしているのだから仕方がない。それもマイボール、マイシューズ体制である。当然手首につけるあれ、あのなんだか巻きつけるやつ、あれも完備だ。

しかしこのような周りの反応には納得もするのである。サラリーマンが趣味としてボウリングをしているというのはなかなか考えづらいものだからだ。まず仕事に関係がない。お客とボウリングなんて考えられない。営業ゴルフなら堂々と平日休んで楽しめようものであるが、ボウリングが仕事に関係している職業なんてプロボウラーか、ボウリング場の従業員くらいではないか。それから時間が取れない。日本のサラリーマンはとてもとても忙しく、やれ残業だ、やれ取引先と飲み会だと家庭生活もままならない人も多い中で、ボウリングに費やす時間などほとんどないはずだ。もちろん若い連中は遊びの一環として友人同士で平日に3ゲームほどやることはあるかも知れないが。それにおじさんになった時点で「ボウリングでもするか。」とはなかなかならないものだ。

ということでボウリング場に平日登場するのは、学生たちや若いサラリーマン連中、カップル(老若問わず)、自営業の高齢者団体(とてつもなくうまかったりする)などに限定されるわけである。そうそう、市役所の職員なんていう人たちもいたりするが。

子供の頃、世間はボウリング・ブームというものがあってテレビで中継されるボウリングの様子を家族で見ていたりしたものだったがそれも昔のことである。スポーツとしてのボウリングではなく、レジャー、娯楽としてのボウリングが現在の姿のようだ。

さて、ではボウリングはスポーツとしてどうなのか?少なくともオリンピック競技にはないので4年に1度注目されることもない。更に、一人でボウリングをしている姿はかっこいいのか?やばい。これは一般的にはかなりやばい。何を隠そう一人でやっていたりするのだが、学生たちが騒ぎながらやっている横で黙々と投げている姿は・・・。しかも点数がいまいちだったりすると・・・。ものすごいプレッシャーだ。手になんか巻いているのにである。そこで200点連発ならまだなんとかかっこもつくが、130くらいなんか出そうものなら、横の学生たちに何を思われるか分かったもんじゃない。

こうしてスポーツとして楽しもうとするボウリングは迫害されていくのだ。おじさんたちがゴルフの練習場に行くのとはプレッシャーが違う。よっておじさんたちは週末ごとにゴルフの練習場に行くのであった。来週、お客と平日ゴルフだ。腕は大したことないが、せめて迷惑かけないくらいには調整しておかないと。おっとまた右だ。このスライスは直らないものか。レッスンプロを呼ぶのもなんか気が引けるし。今度は引っ掛けた。
ボウリングの話だったか。またそれは次回にするか。

ココログはじめまして

日常生活に変化は必要だ。
変化は自ら起こしていくものと、外的要因で起こってしまうものとがあったりする。

困ったことに我が家のDVDレコーダーが故障してしまった。これは外的要因による変化だ。
しかし前日にDVDレコーダーの場所を自分で移動したことを考えると自ら起こしてしまったことかも知れない。
家族の寝静まった夜中に一人DVDレコーダーで編集、DVD作成など結構遊んでいたというのに。

いずれにしろ夜の時間がちょっとあいてしまった。

そういえば二週間前くらいに友人たちと飲んだ際、「今年はブログをやる。」などと宣言してしまった。
昔からホームページを作りたいとここ5年くらい考えてはいたのだが、39歳のサラリーマン家族持ちは結構忙しくてそんな暇なんてなかったのだ。いつかいつかがずっと続いて気がつけば39歳。恐るべき事態である。

そんな気持ちを持ちつつネットを見ていたら最近ブログというものが流行り出し、なんだか簡単にできるそうじゃないか。しかもなんだか簡単そうじゃないか!同じこと言ってますが。

テーマは、ずばり「日常生活に潜むスポーツの効果についての人間的考察をやってみようかという39歳のほうくのどこまで続くか不明のブログをやってみたかった気持ち。」ってずばりではなかったか。しかもよく分からんかったか。

しかし、仕事と家族とその他あらゆるしがらみを乗り越えて続く39歳渾身の継続は力なり。
その行く末に期待しよう。
というかまあ変化は自分が起こすのだ。

トップページ | 2005年3月 »